2024年にネット販売を始める方法

ネット販売の始め方や成功するためのいくつかのポイントをご紹介します。
月額4,900円(税抜) + 販売手数料
team reviewing business analytics

ネット販売を開始するための簡単なステップ

以下のステップに従って、ネット販売を開始することができます。
  1. ビジネスのコンセプトや事業計画を立て、購入者のニーズを満たす商品を考え出しましょう。
  2. お客様のニーズや同業他社の状況について分析し、販売する商品について検討しましょう
  3. 在庫を入手する、または独自に製造して、商品を調達します。
  4. Amazon、自社サイト、またはその両方を含むネット販売チャネルを選択します。
  5. ネットショップを開業して、商品を登録します。
  6. ネット販売におけるフルフィルメント(注文管理、梱包、商品の配送などのプロセス)を確立しましょう。
  7. ネット販売マーケティングやプロモーションの実施により、ビジネスを成長させます。

ネット販売を始めることは大きな決断のように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

考慮すべきことはもちろんありますが、複雑で圧倒されるほどではありません。これからご紹介するように、現在広く知られている人気ブランドや企業の中には、小規模から始め、1〜2点の商品をオンラインで販売して、そこから成長を遂げたものがあります。
Example of an Amazon storefront using Amazon Stores

AnkerがAmazonで副業からグローバルブランドに成長した経緯

携帯電話の充電器やモバイルバッテリーの世界的な販売会社であるAnker Technologiesが、Amazonでの小規模なネット販売から始まったことをご存じでしょうか。Steven Yang氏と彼の妻は、当初在庫や配送の管理が不要なドロップシッピング事業を営んでいましたが、ここからポータブル充電機器を販売するという着想を得て、これが後のAnkerとなりました。販売が軌道に乗ると、夫妻はフルタイムでビジネスを行うようになりました。今では、Ankerはグローバル企業となっています。
Man looking at graphs and charts on a computer

ネット販売を始めるには遅すぎる?

いいえ、ネット販売を始めるのに遅すぎるということはありません。お客様がネットで商品を購入することに慣れるにつれ、eコマース業界は今後も成長を続けると予測されています。

ネット販売を始めることに高いハードルを感じる必要はありません。まずはAmazonで小規模から始め、アイデアに将来性があるかどうかを試してみてください。

小口出品形態では、固定の月額登録料は発生せず、商品を販売するたびに商品1点あたりの手数料をお支払いいただきます。まだ販売する物を決めかねている出品者にとって理想的なプランです。

既存の事業主やこれから参入する起業家の方は、大口出品を選ぶことで様々な販売促進のためのツールを利用することができます。月額登録料をお支払いいただくことで、広告やプロモーションなど、視認性や収益に影響を与える機能を利用することができます。

ネット販売の収益性について

ネット販売は前年比で成長を続けている傾向にあります。意欲的な起業家や成長中の企業にとって、ネット販売はビジネスの唯一の目的として、あるいは付加的な販売チャネルとして、非常に収益性の高いモデルとなり得ます。
cork board with product ideas pinned to it

ネット販売をゼロから始める方法

ここでは、ネット販売をゼロから始める初心者の方向けに、アイデアを練るところから、実際にネット販売を運営するところまでの流れを説明します。

ステップ1:ビジネスのコンセプトや事業計画を立てる

ネットショップの開業を始める前に、どのような課題を解決したいか、どのような層をターゲットにするかなど、ビジネスのコンセプトを考えましょう。出品者が販売または製造する商品を決める方法にはいくつかあります。ここでは、これからネット販売を始める際に行うべき重要な決定事項をいくつかご紹介します。

解決すべき問題点や課題を見つける

ネット販売ビジネスを通して、どのような問題や課題を解決しようとしていますか?その問題点を一番感じているのは誰ですか?この課題を解決することで最も喜ぶのは誰ですか?

解決すべき問題を見つけることは、非常に重要です。どんなに革新的なアイデアでも、そのアイデアを支持するお客様がいなければ、失敗に終わることもあるからです。
たとえば、高品質なキッチン用品の製作を考えている場合、料理を楽しむ人が最適なお客様になります。厚手の丈夫なヨガマットを販売する場合は、ヨガをする人や講師が一番の支持者になるでしょう。

商品アイデアを探す際に目を向けるポイント

ビジネスアイデアを考えるための最も簡単な方法は、身近なところに目を向けることです。周りにいる人々の目標や願望、課題を見つけ、その人たちの役に立つ商品を探しましょう。観察することで、ネット販売ビジネスに結びつくことがあります。
  • 解決したい問題点や課題は何ですか?
  • 現在使用している商品には、どのような欠点や不満がありますか?
  • 友人や家族が使っている商品について、どのような意見を聞くことがありますか?
  • 日頃どのような活動を楽しんでいますか?そういった活動をより良くするために役立ちそうな商品は何ですか?

すでに類似商品がある場合

アイデアや商品がすでに市場に流通している場合でも、ネット販売を成功させる方法はいくつかあります。同じ商品をより優位性のある価格で提供したり、より優れた代替商品を提供したりすることがあげられます。
woman and man looking at product

ステップ2:商品アイデアを検証する

商品の検証に時間をかければかけるほど、成功の可能性は高まります。ビジネコンセプトが決まったら、お客様のニーズや同業他社の状況について分析し、ネットで販売する商品について検討しましょう。

次の3つの観点を用いる市場セグメント調査によって、販売する商品について検討しましょう。

・Customer:お客様のニーズや行動
・Company:事業の戦略や自社の強み
・Other company:同業他社との関係性

Amazon ベストセラーの売上上位の商品レビューを読み込めば、お客様のニーズをより詳しく分析できます。

ネット販売に最適な商品を選ぶための6のヒント

Amazonではさまざまな物を販売することができますが、初めてのネット販売では次のような商品から始めるとよいでしょう。
  1. 梱包しやすい商品
  2. 手ごろな価格の商品
次のような商品は、ネット販売初心者の方には販売が難しい可能性があります。
  1. 重い商品やかさばる商品、または配送料が高い商品
  2. 既に市場が飽和している商品
避けるべき商品は次のとおりです。
  1. 特許取得商品または商標登録済みの商品(自社で特許または商標を取得している場合、あるいは再販業者として認定されている場合を除く)
  2. 制限対象商品。利用するネット販売チャネルによっては、販売できる商品の種類に制限がある場合があります。予期せぬ事態に遭遇しないよう、在庫の購入を開始する前に制限対象商品リストを確認することをお勧めします。

ステップ3:商品を調達する

ネット販売をする商品と、誰に販売するかが決まったら、商品の調達をしましょう。

優れた商品は、ネット販売を成功に導くでしょう。適切な商品を選ぶだけでなく、商品に適した供給元を選ぶことも重要です。ネット販売の商品を調達するためのオプションをいくつか以下にご紹介します。

商品の調達方法

説明

既存の商品を仕入れる
商品をメーカーや卸売業者から仕入れる方法
自社商品を製造する
自社あるいは自分自身のオリジナル商品を製造する方法
仕入れ販売は比較的簡単に始めることができるため、初めてネットで販売を行う方に人気のある選択肢です。一方、自社商品を製造することで、品質とデザインを最大限に管理することができます。仕入れ販売に比べ、他社商品との区別化がし易く、優位性の向上にもつながります。

Amazonではオリジナルブランドの立ち上げを支援するための様々なプログラムを用意しています。商標を取得しAmazonブランド登録をすると、ブランドを構築・保護するためのプログラムを用いてオリジナルブランドの立ち上げをすることができます

プロによるヒント

ネットのお客様が商品に求めているもの

Amazonベストセラーは、商品のリサーチに役立つリストで、特定のニッチな分野で購入者が好むものを把握することができます。これらのカテゴリーを深く掘り下げることで、販売機会、有望な商品、または出品カテゴリーのトップセラーのパターンを見つけることができます。

ステップ4:ネット販売チャネルを選ぶ

商品をネットで販売するには、さまざまな選択肢があります。ウェブサイトを開設して独自のドメイン名でネットショップを運営するか、Amazonなどの既存のECサイトで商品を販売するか、あるいはその両方を選択することができます。

販売チャネルの比較

自社サイト

Amazon
(既存ECサイト)

立ち上げにかかる費用負担
比較的大きく
なる傾向
少ない
利益率
高い
自社サイトに比べ
低い傾向
集客力
既存のECサイトと
よりは低い傾向
高い
リピート客の獲得
しやすい
自社サイトよりは難しい
販売促進の始めやすさ
難しい場合がある
始めやすい
独自のドメイン名で自社サイトを開設する場合は、サイト製作や集客のためのマーケティングを行う必要があるため、初期費用が高くなる傾向にあります。一方、既存ECサイトとは異なり販売手数料がかからないので利益率が高くなる場合が多いです。

すでに多くのお客様を有する既存のECサイトを利用することで、より早く、少ない初期費用でネット販売を始めることができます。初めてネット販売をする場合は既存ECサイトがおすすめです。

Amazonで出品する

Amazonは、全世界3億人以上のお客様を有したネット販売チャネルであるため、集客力が最も高いと言えます。また、新規出品者特典やAmazonが提供する販売促進ツールを用いて簡単に販売促進を始めることができます。
ネット販売において、Amazonで出品するメリットは以下の通りです。
  • スピード:最小限の作業でショップを立ち上げることができるため、ショップを迅速に開設して運営することができます。
  • リーチ:Amazonに商品を出品すると、Amazonでの買い物を好む1億5千万人のAmazonプライム会員を含め、全世界3億人以上の購入者にリーチできる可能性があります。
  • 販売促進のサポート:支払いの処理、カスタマーレビューの管理、プロモーションの実施などにAmazonのツールを利用することができます。
  • コミュニティ:Amazon出品大学でネット販売を成功させる方法を無料で学ぶことができます。また、Amazon出品者向けのオンライン掲示板であるセラーフォーラムで質問したり、他の出品者の投稿を見ることができます。これらはAmazonにおけるネット販売のサポートやトラブルシューティングに役立つ貴重な情報源となります。
  • 認知度:多くの買い物客は、Amazonで商品の検索を始める傾向にあります。

日本では月間ユニーク訪問者数が1,326万人(デスクトップ)¹、 4,306万人(モバイル)²

この集客力で広い顧客層にアピールし、新規顧客獲得を目指すことが可能です。まずは販売の仕組みから見てみましょう。
しくみはこちら

配送をAmazonに任せて
簡単出品

フルフィルメント by Amazon(FBA)は、Amazonの配送ネットワークを使って販売事業者様のビジネスの成長を支援するサービスです。
詳細はこちら

Amazon広告で認知と売上の向上をサポート

広告を出すことで商品の認知を高め、より多くの購入者にリーチし、売上を向上させるのに役立てることができます。
詳細はこちら
¹ Nielsen Digital Content Measurement 2019年3月度 ブランドレベル 家庭と職場からのアクセス
² Nielsen Mobile NetView Brand別 ランキング2019年3月度
月額4,900円(税抜) + 販売手数料

ステップ5:ネットショップを開設する

何を売るべきか、誰に売るのかが決まったら、ネット販売を開始しましょう。

店舗名を考える

店舗名は自社または自分自身を表すものなので、お客様にとって印象的でシンプルなものを選びましょう。
また、オリジナルの商品を販売する場合、ブランド名はシンプルで発音しやすいものが好ましいです。

販売チャネルを選択し、登録する

独自のドメインで自社サイトを開設する場合、まずはサイトを作成しストアフロントを整える必要があります。それから集客のためのマーケティングや商品の登録に進みます。

既存のECサイトでネット販売を開始する場合、サイトの作成や集客のマーケティングを行う必要はありません。アカウントを開設後、商品を登録し、すぐに販売を開始できます。

Amazonでは簡単なステップですぐに販売を開始できます。

販売チャネルの比較はこちら

魅力的な商品出品ページを作成する

お客様は商品説明を読むことで、その商品が自身のニーズに合っているかどうかを判断します。ネット販売においては、お客様が納得して購入できるような説明文を書くことが重要です。
商品名、画像、商品仕様、説明、キーワードはすべて、お客様を購入に向かわせるための重要な要素となっています。
Amazon.com product detail page with A+ content
two people on laptops talking to eachother

ネット販売の開始と運営

ネット販売を開始したら、ビジネスの運営に取りかかりましょう。正確な商品説明、迅速で簡単な支払い体験、タイムリーな配送、お得なプロモーションを提供することで、素晴らしいスタートを切ることができます。商品を購入したお客様からのレビューが充実していることも重要です。

フルフィルメント:保管、出荷、返品処理

ネットで商品を購入したお客様に対して、商品の配送や返品・交換などの処理を行う必要があります。これらのプロセスをフルフィルメントと呼びます。また、ネット販売のフルフィルメントには注文の受け付け、商品の梱包、配送手配、在庫管理、返品・交換などの関連作業だけでなく、カスタマーサポートまでのコミュニケーションも含まれる場合があります。

フルフィルメントを自分で管理したい場合は、在庫を保管する場所を確保してください。また、お客様からの注文を受け取り、梱包し、出荷する流れや、返品や顧客からの問い合わせを処理するための方法も確立する必要があります。

ネット販売におけるフルフィルメントを外部委託できるサービスも存在します。自身のビジネスに合わせて適切なフルフィルメントを選択するよう心がけましょう。

フルフィルメントby Amazonを通じて商品を保管/販売できることをご存じですか?

AmazonのFBA(フルフィルメントby Amazon)を利用することで、在庫の保管・発送・返送対応の時間を節約できるだけでなく、顧客満足度の向上にもつながります。Amazonフルフィルメントセンターに商品を納品いただきましたら、その注文の受注、梱包、発送、カスタマーサービス、返品対応のすべてをAmazonが代行します。出品者は浮いた時間でマーケティングや商品開発・仕入れ作業に注力することができます。

ネットショップの販売パフォーマンスを分析する

分析により、ネットショップの訪問者が商品に対してどのように行動しているのかを把握することができます。ほとんどのネット販売チャネルでは、分析ツールやレポートが組み込まれているか、サードパーティの分析プログラムをインストールするオプションがあります。

定期的にパフォーマンスを分析することは、ネット販売を成功させるためには非常に重要です。分析では、注文の追跡、カスタマーサービスと返品の評価、プロモーションや広告の実施などを通じて、アカウントのパフォーマンスを評価することもできます。

Amazonストアで出品している登録済みのブランド所有者の場合、ブランド分析で次のような高度なレポートにアクセスすることが可能です。
  • 戦略的な検索キーワードで、最も多くのクリック数を獲得した商品
  • 購入者が再注文している商品またはブランド(リピート行動)
  • 商品と並んで最も頻繁に購入される上位の商品

レビューを獲得する

レビューは、ネットでお買い物をするお客様にとって購入を判断するための重要な要素です。レビューを獲得するためには、丁寧な梱包・スピーディーな配送・整っていてわかりやすい商品ページ・購入後のアフターサービスなど、様々なことに気を配る必要があります。

Amazonは、ネット販売の出品者に代わって自動的にカスタマーレビューをリクエストします。さらに、Amazonブランド登録を完了したブランド所有者は、Amazon Vineツールを利用して、Amazon公式の認定レビュアーから新商品に関するフィードバックを得ることもできます。

新しいブランド商品の販売を始める際に、これらのレビューが新商品の初期売上を促す一助となります。レビューによって、お客様が情報に基づいた購入意思決定を行うことができます。
Man leading a business meeting about building an online store

ネット販売におけるマーケティングと商品プロモーション

ネット販売におけるマーケティングは、ビジネスの開業と成長を支える不可欠な要素です。マーケティングやプロモーションを実施することで、利用するネット販売チャネルを問わず、より多くのお客様にリーチすることができます。

ここではネット販売で利用できるいくつかのプロモーションについて簡単にご紹介します。

ネットショップのストアや商品について宣伝する

広告キャンペーンを実施することで、ブランドや商品を多くの人に見てもらうことができます。Amazonでは商品を宣伝し集客することに役立つ様々なプログラムを提供しています。
  • スポンサープロダクト広告はAmazonの商品の出品ページ内に表示され、Amazonの3億人の購入者に対して、新商品の認知度を高めることができます。
  • スポンサーブランド広告(登録済みのブランド所有者が利用可能)では、商品の検索結果ページの上部に広告見出し、ロゴ、最大3点の商品が表示されます。
  • ストア(登録済みのブランド所有者が利用可能)では、個々のブランド向けにカスタマイズされたページでブランドのストーリーや商品の魅力を紹介できます。

SNSマーケティング

大多数のお客様がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を毎日頻繁に利用しているため、それらを活用することで、ブランドや商品の認知度を高めることができます。自身またはブランドのアカウントの作成と定期的な投稿、ソーシャルメディアユーザーとの交流、ソーシャルインフルエンサーを用いた商品アピールなど、ソーシャルメディア戦略を構築しましょう。

Amazonでネット販売を始める

これまで数多くの出品者がAmazonを利用してビジネスの成長を後押ししてきました。Amazonの販売プログラムは、出品者が購入者にできる限り幅広い選択肢を提供できるように考案されています。Amazonでネット販売を始めてみることを検討してはいかがでしょうか。
icon of hand holding a coin

今始めると
最大787.5万円還元

自社ブランド商品売り上げから最大787.5万円還元するほか、広告を無料で試せる特典、商品レビューを獲得するための特典など、新規出品者様向けへより低いリスクで販売を開始できる多数の特典を提供しています。
配送アイコン、上が飛行機、下がトラック

配送をAmazonに
任せて簡単出品

配送業務は想像より多くの時間がかかります。FBA(フルフィルメント by Amazon)  なら配送業務、カスタマーサービスまでおまかせできます。AmazonはFBAサービスを通して、簡単にスピーディーに多くのお客様に商品をお届けするお手伝いをします。

ネット販売に関するQ&A

SEO:検索エンジン最適化とは何ですか?
検索エンジン最適化(SEO)は、オーガニック(無料)検索エンジンの結果を通じて、ウェブサイトへのトラフィックの件数と質を向上させるプロセスです。ユーザーは検索エンジンを使用して、ネットで探しているものを見つけます。SEOは多くの要素が関係していますが、一例としてAmazonにおけるSEOご参照ください。
ネット販売のメリットは何ですか??

主なメリットとして下記の3点が挙げられます。
・24時間 365日いつでも商品を購入できる利便性
・地域/国を超えた幅広い顧客にリーチできる可能性
・実店舗の新規開店と比べると低コストでの運用、少ない商品数、在庫数でのスモールスタートが可能
個人でもネット販売はできますか?
はい。Amazonでは法人、個人事業主、個人の方がご販売いただけます。
アカウント登録についての手順はこちらをご確認ください
ネットショップを運営するため特別な技術や知識は必要ですか?
あくまでAmazonでの出店の場合ですが、コンピューターやインターネットの操作スキルがあれば可能です。商品登録はフォームへの入力、ストアの作成もすべてテンプレートのご用意があります。各種データやビジネスレポート提供もしているため、ブランドや販売商品の分析のためにもお役立ていただけます。
自社ECサイトを立ち上げる場合は、制作代行を依頼するか、自身で行う場合は、サイトデザイン、webマーケティングなどのスキルが必要になります。
Amazonで販売するメリットは何ですか?

Amazonで販売するメリットは高い集客力です。
・月間訪問者数 No.1 月間5,200万人以上が利用¹
また、FBAというフルフィルメントサービスを使うことで、受注、配送、お客様対応はすべてAmazonにお任せいただけるので、副業としてお考えの個人の方にもおすすめです。
さらに、Amazonブランド登録をすれば、オリジナルブランドでも集客のメリットはそのままにAmazon内で自社ブランドのネットショップを作成することが可能ですので、ブランドストーリーやブランド商品を紹介することが可能です。

¹出典:ニールセン デジタル株式会社「デジタルコンテンツ視聴率2020年4月Monthly Total レポート」
AmazonはB2Bですか?それともB2Cですか?
一般的に、AmazonはB2Cチャネルと考えられていますが、Fortune 100のトップ企業のうち55社を含め、100万を超える企業がAmazonのストアを通じて商品を調達しています。

考えてみてください。プライベートのニーズでAmazonを利用しているのなら、ビジネスでも商品の見つけやすさを活用したいと思いませんか?個人事業主から大企業、政府機関、学校、医療機関まで、あらゆる規模の企業が、Amazon Businessで必要な商品を見つけることができます。

中小企業はAmazon Businessで成功を収めており、Amazonを通じたB2Bの年間売上の100億ドルの50%を占めています。B2Bベンダーの場合、販売戦略にAmazonを導入することで、法人/個人事業主の幅広いプールにリーチすることができます。

今日から販売しよう

月額4,900円+販売手数料
Amazon logo
© 2023, Amazon Services LLC.
LINE logo
Twitter logo
YouTube logo