EC(eコマース)とは?
物販ビジネスの定義、種類、メリットおよびデメリット

ネット販売:EC(eコマース)とは

ネット販売(「EC」、「eコマース」または「電子商取引」とも呼ばれます)とは、インターネット上で行われる物やサービスの取り引きのことです。つまり、身近にあるにぎやかな街の中心部や実店舗が、インターネット上で0と1に置き換わることを意味します。今年は世界で21億4千万人の人々がオンラインで物やサービスを購入すると推定されており、Amazonストアで買い物をするプライム会員の数は現在2億人を超えています。

ECは、人々が小売で物を売買する数ある手段の1つです。オンラインのみで物を販売する企業もありますが、多くの企業にとって、ECは、実店舗やその他の収益源を含む広範な戦略の一環としての流通チャネルとなっています。いずれにせよ、ECによって、スタートアップ企業、中小企業、大企業が大規模に物を販売し、世界中の購入者にリーチすることが可能になります。

ECサイトとは

「ECサイト」とも呼ばれるネットショップは、インターネット上のデジタルな商店です。これにより、買い手と売り手の間の取り引きが容易になります。売り手が商品を出品し、ネットショップの購入者がそれらの商品を選ぶための仮想空間です。ECサイトは、オンラインビジネスチャネルの商品棚、販売員、レジとしての機能を果たします。

物販ビジネスでは、Amazonなどのストアでブランドを構築したり、専用ドメインで独自のECサイトを構築したり、あるいはマルチチャネルアプローチでそのすべてを実施したりする場合があります。
Amazon trucks get ready for delivery outside of a fulfillment center

ECの種類とは

ECは、オンラインチャネルでの買い物にさまざまな方法があるように、多様な形態をとります。ECの世界を形作る一般的なビジネスモデルには、次のようなものがあります。
  • B2C – 企業が個々の消費者(エンドユーザー)に販売します。最も一般的なモデルで、多くのバリエーションがあります。
  • B2B – 企業が他の企業に販売します。多くの場合、買い手が消費者に物を再販します。
  • C2B – 消費者が企業に販売します。C2Bビジネスでは、購入者が他社に販売することができます。
  • C2C – 消費者が他の消費者に販売します。企業は、消費者をつなぐオンラインマーケットプレイスを構築します。
  • B2G – 企業が政府または政府機関に販売します。
  • C2G – 消費者が政府または政府機関に販売します。
  • G2B – 政府または政府機関が企業に販売します。
  • G2C – 政府または政府機関が消費者に販売します。
Customer shopping online stores from the couch

ECが行われる場所と方法

ネットショッピングは日々発展し、変化しています。人々はパソコンや携帯電話、タブレットなどのデバイスから買い物をします。ウェブサイトをメインで閲覧しつつ、ソーシャルメディアのページにアクセスし、活気のある仮想チャネルに参加しています。ここでは、今日行われているECの3つの形態について、それぞれの概要を説明します。

モバイルコマース(モバイルEC)

モバイルデバイスで行われるネット販売取り引きを「モバイルコマース」、「モバイルEC」または「Mコマース」と呼びます。世界中の消費者が携帯端末を手にしている今、2021年にモバイルコマースが非モバイルコマースを追い抜くと予想されるのも当然のことです。

現在、多くの人が携帯電話を利用して商品リサーチやオンライン購入を行っています。この傾向が鈍化する兆しはないため、ネットショップをモバイル向けに最適化することが不可欠です。

エンタープライズコマース(エンタープライズEC)

エンタープライズコマースとは、大規模な企業や組織に向けた物の売買のことです。さまざまな種類の物を販売したり、複数のブランドを有していたりする大企業がネット販売に移行した場合、エンタープライズコマースに参入していることになります。

ソーシャルコマース(ソーシャルEC)

ソーシャルメディアを活用することで、ECストアを幅広いオーディエンスに向けて売り込み、提供することができます。ソーシャルメディアによって友人や家族とつながることができるように、購入者を物販ビジネスに引きこむ可能性も秘めています。うまくいけば、ソーシャルメディアマーケティングによって、カジュアルな形で購入者を引きつけることができます。

ソーシャルメディアによって、次のことが可能になります。
  • 新規購入者を引き付ける
  • ブランド認知度を高める
  • ネット販売を生み出す
Ecommerce retail seller celebrates an online sale

物販ビジネスにおけるECのメリットとデメリットとは

物販ビジネスが成長するにつれて、ECを行うほとんどのブランド所有者は次のような岐路に立たされます。社内オペレーションを拡大して、より多くの在庫を保管、管理、出荷する方法を見つけるべきか、それとも出荷サービスを利用すべきか?ここでは、考えうる3つのソリューションをご紹介します。

ECのメリット

ネット販売の実施には、大きなメリットがいくつかあります。主なメリットのうち、ECには次のような特徴があります。
  • 急速に成長している
  • 市場範囲をグローバルに広げることができる
  • オンラインで簡単に商品を注文することができる
  • 一般的に運用コストが低い
  • 消費者に直接アクセスすることができる
これらの点はいずれも、ECへ参入する強い動機となります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

小売ECの急速な成長

2020年12月31日までの12か月間に、日本の中小企業がAmazon.co.jpで販売した商品の数は5億点以上にのぼります。全体として、2020年のECの売上高は30%以上急増しました。昨今のオンライン支出の増加の多くは新型コロナウィルスのパンデミックに起因するものですが、専門家はこの傾向は続くと予測しています。

グローバルな市場範囲

従来の物販ビジネスでは、店舗の入口から物理的に入ることのできる人数によって、リーチできる購入者の数に限りがありました。今では、ECによって世界中の購入者にリーチすることが可能です。インターネット利用率の上昇とソーシャルメディアの発展により、ECを行う事業主が多様な新しい購買層に簡単にリーチできるようになったのです。

お役立ち情報

スポンサー広告は、認知度を高め、より多くの買い物客にリーチし、売り上げを伸ばすのに役立ちます。

Amazon Adsを利用することで、あらゆる規模のビジネスやブランドを成長させ、Amazonで買い物をする1億5千万人のAmazonプライム会員に商品を届けることができます。

商品の注文のしやすさ

ECにはさまざまな種類があり、購入者は数回クリックするだけでオプションを閲覧し、どこからでも購入することができます。Amazonでは、価格や機能別に商品を簡単に分類し、比較することができます。Amazon Payのようなオンライン決済の革新により、決済プロセスがさらに合理化されます。

運用コストの削減

ECサイトの作成と管理は、従来の実店舗運営よりも低コストです。小売スペースを借りたり、従業員チームを雇ったり、大きな倉庫を持つことなく、EC物販ビジネスのチャネルを始めることができます。

これらのメリットはすべて、間接費の削減につながります。家賃の支払いや建物のメンテナンスの心配も不要です。また、ネットショップは24時間営業で、実店舗のように監視やスタッフ配置を行う必要がありません。

ECサイト構築ツールとサービスを利用して独自のECストアをすばやく設立することも、ECサイトを構築せずにソーシャルメディアやAmazonなどのストアでブランドを立ち上げることもできます。多くの物販ビジネスでは、多数のオンラインチャネルで販売が行われています。

消費者へ直接アクセス

インターネットのおかげで、ECブランドはターゲットオーディエンスと直接関係を築くことができます。オーディエンスの関心を引くために、巨大な看板やテレビ広告キャンペーンに費用をかける必要はありません。特別なサービスやパーソナライズされた商品の推奨情報に至るまで、購入者の要望やニーズに合わせてブランドやマーケティングをカスタマイズすることができます。
Ecommerce retail seller planning his next move

ECの課題

多くのメリットがある一方で、ECには欠点もあります。次のような課題により、場合によってはECを避けようとする企業も存在します。
  • 対面でのやり取りが制限されている
  • 技術的な課題
  • データセキュリティに課題がある
  • 大規模な配送と出荷

対面でのやり取りが制限されている

ビジネスや取り引きの内容によっては、対面でのやり取りが非常に重要です。物、サービス、または販売スタイルによっては、オンライン上でそれぞれの個性を最大限に発揮することが難しい場合があります。

魔法のような解決策はありませんが、ブランドストーリーを前面に押し出すことで、オンラインでも信頼性を維持することができます。また、Eメールや電話で購入者と積極的にコミュニケーションを取れば、この欠点が大きなプラスに転じる可能性があります。

技術的な課題

手に負えない技術的な課題は、売上に悪影響を及ぼす可能性があります。サプライチェーンに支障が生じれば商品をタイムリーに届けることができないのと同様、インターネットの問題やハードドライブの故障は、時間とコストの浪費につながります。

起こりうる技術的な問題の多くに、講じることのできる解決策や予防策があることを忘れないでください。データは必ず定期的にバックアップしましょう。Amazonのようなストアを利用すれば、確立された信頼できる技術インフラストラクチャーによって、これらのリスクを軽減することができます。

データセキュリティに関する懸念

購入者は、自身の情報がどのように保存され、共有されるかについて、ますます注意を払うようになっています。プライバシーポリシーの詳細を伝えることで、購入者の信頼を得ることができます。そうすることで、透明性を示し、個人情報が保護されるという安心感を購入者に与えることができます。

Amazonは、何十年にもわたって安全なショッピング体験の構築に取り組んできました。Amazonで販売が行われる物販ビジネスは、長年にわたり培われた購入者の信頼から恩恵を受けています。独自ドメインでECストアをホストする場合は、安全な支払い処理サービスを見つけて、購入者データが危険にさらされるのを防ぐ必要があります。

大規模な配送と出荷

ECを始めたばかりの頃は、ガレージや空き部屋から注文を梱包して出荷するのが簡単かもしれません。しかし、物販ビジネスが成長するにつれて、注文の出荷により多くの時間がかかるようになります。急激な注文の増加で、注文を出荷するため奔走することになるかもしれません。フルフィルメント by Amazonのようなサービスを利用することで、ビジネスの負担を軽減し、購入者の満足度を高めることができます。

適切なEC出荷サービスを選択して、物販ビジネスを成長させる方法をご覧ください。

お役立ち情報

Amazonの自動プロテクション機能は、ストアを継続的にスキャンし、偽造品の疑いがある商品を積極的に除去します。

Amazon Project Zeroは、Amazonとブランドの力を結集し、偽造品をゼロにすることを目指します。
An array of tools representing common implements of ecommerce

ECストアを成功させる秘訣とは

EC物販ビジネスで成功するためには、いくつかの重要な要素があります。成功するためには、何よりもまず商品に集中することです。また、ブランドメッセージ、ターゲットオーディエンス、ストアのユーザーエクスペリエンスについても考慮してください。さらに、出荷プロセスについても検討し、顧客満足度を最大化するためにタイムリーに商品を届けるようにする必要があります。これらの重要な要素について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

優れた商品

高品質で信頼性の高い商品とサービスは、成功するECブランドの核心です。商品は、満たされていない購入者のニーズや課題を解決するものでなければなりません。同時に、魅力的な価格帯で提供する必要があります。

商品の品質と価格設定が、EC物販ビジネスの成否を握っています。市場調査を行って、競合他社が販売している商品の種類と、類似商品の市場価値を把握しましょう。

説得力のあるブランドストーリー

ユニークなブランドは目立つものですが、優れたブランドになるには優れた商品以上のものが必要となります。購入者の注意を引くには、ビジネスの目的とビジョンを伝えることです。

自社の物販ビジネスの存在意義を自問してみてください。商品は購入者の生活をどのように豊かにするでしょうか?ブランディングは、こういった問いへの答えを伝えるものでなければなりません。

ブランドのイメージについて考える時間を設けましょう。深く掘り下げて、ビジネスの原点と使命を伝えるシンプルで強力な方法を見つけてください。

お役立ち情報

商品紹介(Aプラス)コンテンツにより、企業はAmazonストア内で独自ブランドのショッピング体験を創出することができます。

商品紹介(Aプラス)コンテンツを作成することで、Amazonの商品詳細ページでリッチテキストと画像を用いてブランドストーリーや商品の機能を紹介することができます。これにより、コンバージョンを向上させることができ、トラフィックと売上の増加につながる可能性があります。

ターゲットオーディエンス

ターゲットオーディエンスを明確にすることで、忠実で熱心な購入者を引き付けることができます。どのような人に商品を使ってもらいたいですか?その人たちをターゲットにしたマーケティングを行いましょう。

物販ビジネスが軌道に乗ったら、その勢いを持続させるためにも、どのような人がブランドストーリーに共感してくれるのかを考えてみてください。商品を必要としない購入者を追うのではなく、ブランドを評価してくれるオーディエンスに焦点を当てましょう。

スムーズなオンライン体験

ネットショップはユーザーフレンドリーでなければなりません。ストアのオンライン体験がうまく設計されていれば、購入が楽になります。購入者が複雑な手順をあまりにも多く踏まなければならない場合、取り引きを完了する前にカートを放棄してしまい、売上は減少するでしょう。

成功しているECストアは、決済プロセスを合理化することで、商品にスポットライトを当て続けています。不要な手順を排除し、直感的でわかりやすいユーザーエクスペリエンスを実現することで、購入者の満足度を高めることができます。

お役立ち情報

Amazonの先駆的な1-Click注文で、商品をより早く販売することができます。

Amazonの画期的な1-Click注文によって、ネットショッピングの体験が簡素化され、購入者が商品を購入しやすくなります。Amazonは、購入者のクレジットカード情報と配送設定を安全に保存します。このプロセスにより、購入者が決済するまでの間に行わなければならない意思決定の回数を最小限に抑えることができます。

タイムリーな注文の出荷

購入者は、特にネットショッピングにおいて、スピードと効率性を求めています。購入する物を問わず、購入者は購入した商品が無傷で時間通りに届けられることを望んでいます。

出荷には、購入者が「購入」ボタンを押した瞬間から、商品を開封するまでのカスタマージャーニーにおけるすべてのステップが含まれます。成功しているECショップは、出荷プロセスに細心の注意を払い、繁忙期であっても注文に応じられるだけの商品を用意しています。

New RepublicがAmazonでEC物販ビジネスを成長させた経緯

ファッションブランドNew Republicの共同創設者であるDee Murphy氏は、販売に最適なサイトの1つと提携することで成功を築きました。Amazon です。Dee氏は、新たなAmazonストアにブランドの趣とストーリーを取り入れました。

「Amazonでの販売開始当初は、Amazonでの売上はビジネス全体の10%~20%程度だろうと予測していました。ところが、最初の6か月で全体の50%になりました」とDee氏は言います。「爆発的でした。この結果で、ビジネスの将来についての考え方ががらりと変わりました」。

チームは、Amazonのアカウントマネージャーからもサポートを受けました。「Amazonチームがいなかったら、こんなに早くここまで来られなかったと思います」とDee氏は付け加えます。

ECの動向と統計

ECの成長

近年のオンライン小売業の売上高は、一向に衰える気配がなく、2022年には6兆5400億ドルにまで成長すると予測されています。

ホリデーセール

2020年のホリデーシーズン(ブラックフライデーからサイバーマンデーを含む)において、Amazon出品サービスを利用する独立系企業の世界売上高は前年比50%以上の伸びを示しました。

Amazonの統計情報

  • Amazon.co.jpには、毎月1700万人以上のデスクトップユーザーと3800万人以上のモバイルユーザー(ユニークユーザー) がアクセスしています。(Nielsen 2019年3月度)
  • Amazonプライム会員の数は全世界で2億人を超えています。
  • 2020年、日本の中小企業はAmazon.co.jpで5億点以上の商品を販売しました。

プライムデー

Amazonは、購入者に大幅な割引を提供し、中小企業がより多くの購入者とつながり、売上を伸ばすことができるよう後押しするために、Prime Day 2020を企画しました。

新型コロナウイルスがECの成長を牽引

新型コロナウイルスのパンデミックは、日常生活に混乱をもたらし、買い物の方法を変えました。より多くの人がオンラインで物を購入するようになりました。ECは2020年に30%急増し、このオンライン購入への移行の影響は長引く可能性があります。
ECについてアイデアはお持ちですか?ネットショップについて検討するところから、Amazonでブランドを立ち上げるところまで、その方法をご紹介します。Amazonでの買い物を好む1億5千万人のAmazonプライム会員を含む、全世界3億人以上の購入者にアクセスすることができます。

ECに関するよくある質問

ECマーケティングとは何ですか?
ECマーケティングとは、ネットショップに購入者を誘導する一連の戦略のことです。効果的なECマーケティングの例として、ソーシャルメディアをビジネスに取り入れたり、購入者の体験をパーソナライズしたりすることが挙げられます。
ネットショッピングが最も盛んに行われているのは何時頃ですか?
オンライン購入が最も盛んなのは、月曜日の早い時間帯と木曜日の午後8時から午後9時です。
年間どれくらいの購入がオンラインで行われているのでしょうか?
2019年にオンラインで物やサービスを購入した人は19億2千万人と推定されています。
ECはまだ成長を続けていますか?
はい。今年は、世界で21億4千万人以上がオンラインで物やサービスを購入すると予測されています。 2016年の16億6千万人から増加しており、ほぼ30%の増加率です。

今日から販売しよう

月額4,900円+販売手数料
© 2021, Amazon Services LLC.