自社ブランドのネットショップを作成する

Amazonでカスタムのストアフロントと商品詳細ページを作成する方法

簡単な概要

以下のステップに従って、Amazonで自社ブランドをアピールすることができます。詳しい手順について、こちらをご覧ください。
  1. 大口出品用のアカウントを作成します。
  2. Amazonブランド登録にブランドを登録します。
  3. 商品を追加し、商品紹介(Aプラス)コンテンツを使用して、Amazonの出品情報をカスタマイズします。
  4. Amazon Storesツールを使用して、ブランド固有のストアを作成します。
  5. 出品用アカウントが提供しているさまざまなツールを使用して、ブランドを成長させ、差別化します

ネットショップを作成する理由

Amazonは人気の高いストアであり、出品者にとって絶好の機会となります。実際、独立したサードパーティの出品者は、2019年のホリデーシーズンだけで10億点以上の商品を販売し、Amazonを利用して何億人もの購入者にリーチし、ブランドを構築し、ビジネスを成長させました。

それでも、オンラインビジネスを始めるのは少し敷居が高いかもしれません。

Amazonで目立ち、見栄えを良くする最良の方法として、自社ブランドの商品を販売することが挙げられます。これにより、独自商品を販売する機会が得られるだけでなく、Amazonが提供する無料ツールを多数利用して、ブランドのネットショップを作成したり、ブランド名を保護したり、商品を紹介したり、購入者とつながったりすることができます。

実際に、独自ブランドを運営している出品者は、通常のAmazonレイアウトとはまったく異なるデザインのネットショップを作成することができます。以下はブランドストアの一例です。
Example of an Amazon storefront using Amazon Stores
独自のスタイルを崩さずに、ECビジネスをアピールし、Amazonでブランドを販売するには、次のことが必要です。
それでは、それぞれのタスクについて詳しく見ていきましょう。
Man looking at fashion clothing designs on a computer

ブランドを登録する

Amazonブランド登録は、出品者の知的財産を保護し、Amazonでのブランド名の保護に役立ちます。

自社をブランド登録に登録することで、Amazonストアでのブランド販売に伴う無料ツール、レポート、特典をすべて利用できるようになります。

Amazonブランド登録にビジネスを登録するには、次のものが必要です。

条件を満たしている方は、次の方法でAmazonブランド登録に登録することができます。

  1. https://brandservices.amazon.co.jp/eligibilityにアクセスして、「今すぐ登録する」をクリックします。
  2. ブランド登録先の国のマーケットプレイスを選択します。
  3. 手順に従ってセラーセントラルにログインします。
  4. 法的文書や商標出願に記載されているとおりのビジネスに関する情報を、簡単なフォームに記入します。
  5. フォームを送信すると、出品用アカウントに接続されたブランド登録ページが表示されます。「管理」、「ブランドを登録」の順に選択します。
  6. 手順に従って登録内容を送信し、審査を受けます。
登録時に入力する情報は、登録先の国のマーケットプレイスによって異なります。たとえば、Amazonブランド登録に次の情報が必要です。
  • 特許商標庁の商標登録番号
  • 言葉やテキスト、画像やデザイン(例:ロゴ)などの「ブランドマーク」。
  • ブランド商品を出品する商品カテゴリー(服&ファッション小物、スポーツ用品、電化製品など)。
  • 自社ブランドの商品が製造・販売されている国。
Computer screen showing products in an amazon.com detail page with A+ content

商品紹介(Aプラス)コンテンツで商品詳細ページをカスタマイズする

ブランドのAmazonブランド登録への申請が承認されたら、次は楽しいことが待っています。ブランド登録を行うと、無料ツールが利用できるようになり、これらを使ってブランド商品を裏で管理し、Amazonストアで買い物をする購入者に表示されるブランドストーリーを管理することができます。

商品紹介(Aプラス)コンテンツとStoresを使えば、Amazonで鮮やかなブランドイメージを構築することができます。商品紹介(Aプラス)コンテンツによって商品の出品情報を強化することができ、Storesでは、Amazonストア内で複数ページのショッピング体験を創出することができます。
Amazonストアに商品を登録すると、購入者に向けて商品詳細ページにその商品が表示されます。標準バージョンは次のようになります。
Amazon.com product detail page
商品紹介(Aプラス)コンテンツを活用すると、商品詳細ページに自社ブランドの華を添えて、次のように仕上げることができます。
Amazon.com product detail page with A+ content

以下のステップに従って、Amazonのブランド商品に商品紹介(Aプラス)コンテンツを追加することができます。

  1. セラーセントラルにログインします。
  2. ナビゲーションメニューで、「広告」、「商品紹介(Aプラス)コンテンツ」の順に選択します。
  3. コンテンツを追加する商品のSKUを入力します。親レベルでコンテンツを追加すると、テンプレートはすべての子にも適用されます。
  4. 利用可能なモジュールから選択するか、あらかじめ用意されたテンプレートから選択します。
  5. ページ上部のプロンプトに従います。割り当てられたスペースを最大限に活用した画像を追加し、指定のテキストボックスにテキストを追加して、商品の詳細や特徴を説明します。
  6. ページをプレビューして、すべての画像が正しく読み込まれ、自社の他のブランドページと同じように見えることを確認し、購入者に一貫したブランドイメージを提供します。
  7. Amazonに申請します。審査には7営業日(繁忙期はそれ以上)かかる場合があり、コンテンツのステータスはダッシュボードで更新されます。承認されたコンテンツが表示されるまで24時間かかる場合があります。
  8. 申請したコンテンツが承認されなかった場合は、ダッシュボードで「編集」を選択してページを修正し、再申請します。コンテンツを編集して再申請しなくても済むように、コンテンツが次の条件を満たしていることを確認してください。
    • デスクトップおよびモバイルデバイスで表示可能な鮮明な画像であること
    • スペルミスや文法の間違いがないこと
    • 特定の料金やプロモーションの詳細が含まれていないこと
    • 保証、カスタマーサービス、ウェブサイト、連絡先情報などの記載がないこと
    • A+ガイドラインに準拠していること

商品紹介(Aプラス)コンテンツ機能の使用方法に関するヒント:

  • テキスト:具体的な言葉や数字で詳細を説明することで、購入者が商品の詳細を把握することができます。
  • 表:比較表を使って、商品ラインアップの特徴を強調しましょう。
  • バナー:バナー画像を使って、商品の使用感を伝えましょう。すべての商品にブランドロゴとコンテンツを追加することで、一貫したブランドイメージを創出することができます。
  • 画像:プロ品質の高解像度の画像を用いて、商品の特徴を強調したり、商品の使用感を伝えたりしましょう。画像にブランドテキストを追加する場合は、モバイルデバイスで読みやすい大きさになるようにしてください。
  • フィールド:画像にテキストを埋め込むのではなく、テキストフィールドを利用することで、検索結果(SEO)での視認性を向上させることができます。
  • ミックスアンドマッチ:商品紹介(Aプラス)コンテンツモジュールでは、100種類以上の画像フィールドとテキストフィールドの組み合わせを利用することができます。それらを確認し、自社ブランドに適した組み合わせを見つけてください。
  • レビュー:カスタマーレビュー、返品レポート、コミュニケーションから得た情報を活用して、取り上げるべきトピックを把握します。購入の妨げとなるものに対処しましょう。購入者が商品を買わない理由を考え、その懸念事項について事前に話し合ってください。
  • ストーリーを語る:ブランドのミッションやストーリー、独自の制作工程を説明しましょう。具体的なデータで詳細な機能情報を提供します。十分な情報を提供できるように記載してください。
A man looking at a computer screen showing an online store on amazon.com for the fashion brand New Republic

Amazonストア内で自社ブランドのストアを作成する

Amazonはネットショップであり、Amazonストアで商品を販売するブランドは、Storesと呼ばれる無料ツールを使用して、ストア内に独自のネットショップを構築することができます。

出品用アカウントを作成して、Amazonブランド登録に登録すると、カスタマイズされたリッチメディア(テキスト、画像、動画)を通じてブランドストーリーや商品カタログ全体を紹介する、複数ページの没入体験を購入者に提供するストアを構築することができます。

また、独自のAmazon.co.jpのウェブアドレスを取得して、これをマーケティングキャンペーン(amazon.co.jp/yourbrand)に使用することもできます。新商品やベストセラー商品を紹介したり、アクセスしたお客様にパーソナライズされたおすすめ商品を提供したりすることができる、Amazonの不動産とお考えください。

また、その裏では、Storesによって訪問者数、トラフィックソース、売上に関するパフォーマンス指標が提供されるため、エクスペリエンスを最適化することができます。

セラーセントラルのストアビルダーを使用すると、コーディングやデザインの専門知識がなくても、AmazonでECストアフロントを作成することができます。このページは、デスクトップ、モバイル、タブレットの各ブラウザ用に自動的に設定されます。

以下のステップに従って、Amazonストアを利用した独自のブランドイメージを構築することができます。

  1. 出品用アカウントを作成し、Amazonブランド登録にブランドを登録します。
  2. セラーセントラルにログインします。
  3. ナビゲーションメニューで「ストア」、「ストアを管理」の順に選択します。
  4. 「ストアを作成」ボタンをクリックします。
  5. ストアのテンプレートを選択します。それぞれ、画像、テキスト、動画などのコンテンツ用に調整可能なタイルが用意されています。テンプレートのオプションには次のものが含まれます。
    • 商品グリッド - ブランドセレクションをシンプルに表示する方法です。
    • マーキー - 商品画像、商品説明、見積もりなどを表示するスペースを追加した、厳選された商品のディスプレイを含みます。
    • ショーケース - 幅広い商品ラインナップを持つブランド向けの柔軟なオプションで、商品情報やリッチなビジュアルコンテンツを掲載できる十分なスペースが確保されているのが特徴です。
  6. ストアビルダーを開いて、Amazonストア内にブランドのネットショップを構築します。
  7. ページマネージャーをクリックして、「ページを追加」を選択し、ネットショップにページを追加します。ページ名と説明を入力し、ページテンプレートを選択します。
  8. タイルマネージャーを使用して、ページにコンテンツを追加したり配置したりすることができます。商品画像、テキスト、動画を組み合わせて、魅力的な体験を創出しましょう。
  9. ストアに掲載する商品を厳選したり、動的ウィジェットを使ったりして、ベストセラー商品や訪問者の行動に基づいたおすすめ商品など、さまざまな商品を自動的に表示させることができます。動的ウィジェットによって、キーワード検索、ベストセラー商品、レコメンド履歴などのAmazonのデータを活用し、ストアに表示される商品の最適化と更新を行うことができます。
  10. プレビューウィンドウを使用して、デスクトップブラウザとモバイルブラウザでストアがどのように表示されるかを確認します。ページ内の個々のタイルをクリックして編集することができます。
  11. ステップ#5〜7を繰り返して、必要に応じてストアに複数のページを作成し、さまざまな機能、商品カテゴリー、トップセラー商品などを紹介することができます。各ページは、ストア内の別のページ(最大3階層まで)に移動することができます。
  12. ストアの構築が完了したら、「公開用に送信」をクリックします。ネットショップの公開にはモデレーションプロセスが必要で、これには数日かかる場合があります。ステータスバーで進行状況を確認することができます。モデレーション中に却下されないようにするため、クリエイティブガイドラインを確認してください。
  13. ストアが公開されたら、「ストアビルダー」から「インサイト」に移動して、ネットショップのパフォーマンスを確認します。ページビュー、訪問者、トラフィックソース、売上を追跡し、ストアの更新と最適化を行います。
Man leading a business meeting about building an online store

Amazonでネットショップを作成しました。次のステップは?

Amazonブランド登録に登録され、ECビジネス用にAmazonストアフロントと独自のAmazon.co.jpのウェブアドレスを用意できました。商品詳細ページには、商品紹介(Aプラス)コンテンツで追加された豊富な情報が掲載されています。

さて、次のステップは何でしょうか?

Amazonストア内にネットショップを作成したら、ブランドをより多くの購入者に届けられるようAmazonが作成した他のさまざまなECマーケティング/ネット販売ツールを活用してください。

スポンサーブランド広告、スポンサープロダクト広告などのAmazon広告戦略を活用して、Amazonストアと出品商品へのトラフィックを増やしましょう。独自のAmazon URLをAmazon内外のマーケティングキャンペーンに利用することができます。

セラーセントラルの無料ツールを使用して、商品詳細ページのコンテンツに対するA/Bテストを実施したり、買い物ができるライブ配信イベントを開催したり、バーチャルのまとめ売り商品を販売したりすることができます。

Amazonのブランド所有者専用のツールについてや、他の出品者がどのようにして消費者直販型ECビジネスの戦略としてAmazonでブランドを構築し成功させたかをご覧ください。

今日から販売しよう

月額4,900円+販売手数料
© 2021, Amazon Services LLC.