グローバルセリング

Amazonグローバルセリングを利用して海外で販売する方法

Amazonでは、出品者様の海外販売をシンプルにするさまざまなツールとサービスを提供しています。

出品サービスを利用されている方

海外でも販売する

 

出品サービスを利用されていない方

さっそく始める

 

海外での販売を成功に導く4つのステップ

1

販売する地域と商品を決める

Amazonを利用して得られる海外販売のチャンスについて知りましょう。Amazonを利用して商品を販売する地域、税や規制などの要件、新しいマーケットプレイスに出品する際の重要な検討事項についてご確認ください。

Amazonがお手伝いします

販路をAmazonの世界中のストアに拡大するメリットとその方法をご確認ください。

Amazonを利用して販売できる国

概要
Amazonは、世界各地の16か所でオンライストアを運営しています。そのため出品者様はビジネス拠点に関係なく、世界中でビジネスを成長させることができます(オンラインストアの地域別一覧については以下をご覧ください)。Amazonを利用すると、海外でビジネスを成長させたり、Amazonマーケットプレイスを利用している何百万人ものお客様にご自身のブランドや商品を紹介したりできます。
Amazonマーケットプレイスは、世界最大規模のeコマース市場です。このマーケットプレイスの1つに出品者様として登録すると、Amazonでの購入経験がありAmazonを信頼しているお客様に商品を見てもらえるようになります。複数のAmazonマーケットプレイスに販売範囲を拡大する場合は、Amazonのブランド力を利用できます。新しい販売地域でご自身のビジネスの認知度を高めるために初期費用をかける必要はありません。
言語サポートについて
新しいAmazonマーケットプレイスに出品しようとする場合、まず考えることの1つは、販売業務を現地の言語で行えるかどうかということです。フルフィルメント by Amazonを利用する場合を除き、出品先のマーケットプレイスでカスタマーサポートを提供するには、そのマーケットプレイスで使用されている言語に習熟していることが必要です(カスタマーサポートの提供は、Amazonマーケットプレイスに出品する際の要件の1つです)。現地の言語に習熟していることは、出品先の国について調べたり、商品を適切に説明する方法を理解したりするうえでも役立ちます。新たなお客様のニーズに応えるために、商品に変更を加えることや、マーケティング、宣伝文句、パッケージデザインを再設定することが必要な場合もあります。

一方、多くの出品者様は現地の言語に堪能でなくてもAmazonマーケットプレイスに出品しています。Amazonが提供するサービスやツールを使用することで、言葉の壁によって生じる問題を軽減できます。

セラーセントラルの言語切り替え機能
アメリカやヨーロッパで出品するために、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語を習得する必要はありません。セラーセントラルの言語切り替え機能を使えば、あらゆる地域のAmazonマーケットプレイスでの業務管理を日本語で行えるため、使い慣れたインターフェイスで利用方法をすばやく学んで、海外での販売を迅速に始めることができます。

Amazonヨーロッパマーケットプレイスのアカウント
ヨーロッパでは、Amazonのすべてのオンラインストアにおける業務管理が簡素化されました。Amazonヨーロッパストアのアカウントで、ドイツ、英国、フランス、イタリア、スペイン、オランダのすべてのオンラインストアにおける商品の出品と管理が行えるようになりました。出品する商品と出品先の管理や、業務の管理は、1つの出品用アカウント画面から行えます。

たとえば、Amazon.co.ukなど、Amazonヨーロッパマーケットプレイスのうちの1つに出品用アカウントを登録すると、その出品用アカウントでAmazon.de、Amazon.fr、Amazon.it、Amazon.esといった他のAmazonヨーロッパマーケットプレイスにも商品を販売できるようになります。このために必要な手続きはありません。Amazonで、何百万人におよぶ海外のカスタマーにリーチし、海外でのオンラインビジネスを成長させましょう。注文はすべて1か所で管理されるため、イタリアでの取り引きも、英国での取り引きでも同様に処理できます。

現地の言語でのカスタマーサポート
Amazonマーケットプレイスで販売する際は、出品先のマーケットプレイスで使用されている言語でカスタマーサポートを提供する必要があります。たとえば、Amazon.comに出品している場合は英語で、Amazon.esに出品している場合はスペイン語でカスタマーサポートを提供する必要があります。出品者様はこうしたサポートをご自身で提供するか、FBAに登録してAmazonに代行してもらうかを選ぶことができます。
税と規制
Amazonのさまざまなマーケットプレイスに出品する際は、現地の税と規制について理解しておく必要があります。海外のマーケットプレイスに出品する方法を決める前に、税と規制に関する専門家に相談することをお勧めします。

各国には、消費者への商品販売に関する法律や業界の要件があります。自国のマーケットプレイスと同様、すべてのマーケットプレイスには、知的財産権、商品の安全性、環境やその他の適用要件に関する法律があります。ご自身で調査し、出品者様が負う責任について理解しましょう。考慮すべき分野には、税と関税、知的財産権、並行輸入、輸出規制、マークとラベル、環境、健康、安全、プロダクト・コンプライアンスなどがあります。

マーケットプレイスの戦略を立てる

概要
海外のマーケットプレイスに出品する商品とその出品先を決定することは、自国のマーケットプレイスで行っていることと似ているかもしれません。ただし、海外向けに出品する際には検討すべき項目がいくつか多くなります。

海外のマーケットプレイスへの出品戦略を検討する1つの方法として、「4P」というマーケティングフレームワークを使用する方法があります。4Pは、商品(Product)、価格(Price)、流通(Placement)、プロモーション(Promotions)を指しています。それぞれの要素をAmazonでの海外出品と照らし合わせて見ていきましょう。
商品:販売する商品を決める
出品するAmazonマーケットプレイスを選ぶ際は、出品しようとする国に商品が適しているかどうかを理解する必要があります。まず、各国のすべての法律に準拠していることを確認します。また、商品の規格は国によって異なります。たとえば、110~220Vで動作するモバイル端末で、充電器のコンセントプラグが2極タイプの場合、ヨーロッパのマーケットプレイスには適していない可能性がありますが、日本には適している可能性があります。同様に、マットレスの標準サイズは国によって異なるため、英国でよく売れている羽毛入り敷き布団でも、米国ではあまり売れない可能性があります。

Amazonで初めて海外出品する際は、自国のマーケットプレイスでよく売れている商品について考えることから始めるとよいでしょう。これまでの経験や売上レポートのデータを踏まえて考えると、どのような商品がよく売れていますか。そうした商品がよく売れている理由を考えてみることも重要です。出品しようとしているマーケットプレイスにも同じ理由が当てはまりますか。それとも、その新しいマーケットプレイスでは、文化、気候、平均年齢、平均年収などの人口統計学的属性といった、購入者の需要を左右する基本的な要因が他にありますか。また、マーケットプレイスの違いによって得られるメリットについても考えてみてください。たとえば、あるマーケットプレイスで季節が過ぎた後にどうすればよいかわからない季節商品の在庫はありませんか?海外に出品して、多くのお客様に商品を見てもらうことで、販売期間を延ばすことができます。

ヒント:1つか2つの商品に絞るのではなく、いろいろな商品を幅広く出品する。商品の品揃えが豊富であれば、お客様が検索したときに、出品している商品全体を見てもらえる可能性が高くなります。また、そのマーケットプレイスでよく売れそうな商品をすばやく判断することもできます。

別のAmazonマーケットプレイスで在庫を大量に確保する準備ができていなくても、商品の品揃えを豊富に保ちながら、緩やかに出品し始めることができます。商品が急速に売れたら、自国のAmazonマーケットプレイスで行っているのと同様に、価格を調整するか、出品商品を削除して、在庫切れになるリスクを軽減できます。確保できる在庫量がさらに少ない場合は、海外に在庫を持たずに、注文の発送をご自身で行うこともできます。別のマーケットプレイスに出品した場合でも、出品商品の管理をご自身でできなくなるわけではありません。

Amazonマーケットプレイスに出品する商品を決める際に、マーケットプレイスそのものを観察することで重要な情報を得ることができます。こうしたマーケットプレイスのリサーチは、主にご利用のAmazonマーケットプレイスに出品する際にも行っておられることでしょう。この際、現地の言語に習熟していることが非常に役立ちます。リサーチするマーケットプレイスの言語をよく知らない場合は、オンラインの無料翻訳ツールを使うと基本的な内容をある程度理解できるかもしれませんが、このようなツールに依存しすぎないように注意する必要があります。

対象のマーケットプレイスで、ご自身の商品に該当するカテゴリーのベストセラー、新着商品、特集ブランドの品揃えを確認してください。カスタマーレビューを読み、同様の商品を販売している出品者様の強みと弱みを理解してください。

商品リサーチのこの段階で、Amazon以外のeコマースマーケットプレイスにも範囲を広げてリサーチすることをお勧めします。検索エンジンを利用して、関連するeコマースのサイトを国ごとに見つけましょう。海外のマーケットプレイスに出品する準備をする際は、各国の業界誌やオンラインの出品者コミュニティからも豊富な情報を得ることができます。

ヒント:マーケットプレイスで購入しようとしているお客様は、必ずしも対象の国に住んでいるとは限らない。各マーケットプレイスには、近隣の国に住んでいたり、ある言語で買い物することを好んだり、特定のマーケットプレイスでしか手に入らない商品を求めていたり、海外で購入することを選んだりするお客様がいます。たとえば、オーストリアに住んでいるお客様がAmazon.deで購入する場合もあります。
価格:価格を設定し、調整する
出品者様がご利用のメインのマーケットプレイス以外に出品する際は、以下の費用が新たにかかる可能性があります。こうした追加費用により、収益性を求める計算に変更が生じることがあります。
  • 海外の購入者に直接発送する際の配送料
  • 海外からの返品の配送料(注文の発送をご自身で行う場合)
  • 海外のフルフィルメントセンターに在庫を納品するための配送費(フルフィルメント by Amazonを使用する場合)
  • カスタマーサポート費(現地の言語でカスタマーサポートをご自身で提供する場合、またはサードパーティのプロバイダーと契約して現地の言語でのカスタマーサポートを行う場合)
  • 自国の通貨で支払いを受け取る際の両替費
  • 商品を別の言語で出品する際の翻訳費
  • 税金と関税
このように、変動費用の多くは商品の発送をご自身で行うのか、フルフィルメント by Amazonを使用するのかによって異なります。
流通:流通チャネルを最適化する
Amazonでの海外ビジネスに加えて、Amazon以外での海外ビジネスを拡大することも検討できます。こうした海外戦略を立てるうえで役立つAmazonのサービスを、以下にご紹介します。

マルチチャネルサービス:すでにフルフィルメント by Amazonを利用してAmazonのお客様からの注文商品を発送している場合は、その同じ在庫プールを使って他の販売チャネルからのオンライン注文にも対応できます。フルフィルメント by Amazonの機能の1つであるマルチチャネルサービスを使用すると、ご自身のWebサイト、サードパーティのその他のプラットフォーム、カタログや実店舗での販売など、Amazon以外の販売チャネルからの注文にも対応できるようになります。

プロダクトアド:Amazonプロダクトアドは、Amazonをご利用のお客様にAmazon以外のWebサイトで販売されている商品も簡単に見てもらうようにするための広告サービスです。広告主は、自分の商品のカタログをアップロードし、クリック単価の入札額と予算を設定します。お客様がAmazon.comで出品者様の商品や関連する商品を購入すると、出品者様の広告が表示されます。出品者様の商品に興味を持った購入者は、広告をクリックして出品者様のWebサイトにアクセスし、直接商品を購入できます。
プロモーション:出品商品をさらに魅力的なものにする
Amazonでは、商品の宣伝や、プロモーションのための各種ツールをご用意しています。これは出品者様がご利用のメインのAmazonマーケットプレイスで提供されているのと同様のツールです。各Amazonマーケットプレイスに応じて、配送料無料、購入割引、1点購入でもう1点プレゼント(BOGO)、告知のみなどのプロモーションツールをご利用いただけます。

出品商品の注目度を高めるもう1つの方法は、Amazonスポンサープロダクト広告です。これは、クリック単価の広告サービスです。この検索連動型広告によってAmazon.comに出品中の商品を宣伝できます。

2

商品を登録して出品する

Amazonのツールを利用して、自国や海外の出品用アカウントを管理し、マーケットプレイス全体の出品情報を管理しましょう。必要に応じて出品情報を翻訳することもできます。これで商品を販売できるようになります。

グローバル出品連携ツール

グローバル出品連携ツール(BIL)を使用すると、複数のマーケットプレイスに出品商品を追加したり、価格を同期したりできるため、海外に向けて販売するのに役立ちます。また、他のマーケットプレイスに多数の出品をすばやく追加することもできます。出品後は、出品者様が設定したルールに基づいて、マーケットプレイス全体の出品価格が自動的に更新され、管理されます。

Amazonのアカウントを設定する

概要
出品者様は、出品しようとしているオンラインマーケットプレイス用にAmazon出品用アカウントを設定する必要があります。すでに1つのAmazonマーケットプレイスに出品している場合でも、別のマーケットプレイスでは出品用アカウントを新たに作成する必要があります。たとえば、米国や日本向けに出品していて、英国にも出品しようとする場合は、Amazon.co.ukに新たなAmazon出品用アカウントを作成する必要があります。

ただし、Amazon.co.ukなどのヨーロッパマーケットプレイスにすでに出品していて、これからAmazon.deといった別のヨーロッパマーケットプレイスに出品する場合は例外です。その場合は、ヨーロッパのマーケットプレイス向けに用意されている統一アカウントを利用することで、現在使用中の出品用アカウントから出品できます。

ヨーロッパでは、各国の言語でオンライン登録できます。Amazon.deではドイツ語、Amazon.frではフランス語、Amazon.itではイタリア語、Amazon.esではスペイン語で登録できます。この4つのマーケットプレイスのいずれかに出品することに関心をお持ちであるものの、そこで使用されている言語がわからない場合は、まず英語でAmazon.co.ukに出品用アカウントを登録してから、統一アカウントを使って目的のヨーロッパマーケットプレイスに出品できます。

すでにAmazonで出品されている場合は、海外にも出品してみましょう。出品サービスを初めてご利用になる場合は、まず出品する地域を選んでください。
出品サービスを利用されている方
出品サービスを利用されていない方
北米における登録要件
米国のAmazon.comに出品用アカウントを登録する場合は、有効なクレジットカード、電話番号、納税情報を提出する必要があります。納税情報に関するオンラインインタビューの質問にすべて答えると、W-9書式(米国の納税者として)とW-8BEN(米国以外の納税者として)のどちらに記入するのかを判断できます。カナダのAmazon.caやメキシコのAmazon.mxに出品用アカウントを登録する場合も、有効なクレジットカード、電話番号、納税情報を提出する必要があります。

北米統一アカウント:北米では、米国、カナダ、メキシコのすべてのマーケットプレイスにおける業務管理が簡素化されました。北米統一アカウントを使用すると、米国、カナダ、メキシコのマーケットプレイスで商品の出品と管理を行えるようになります。出品する商品と出品先の管理は1つの出品用アカウント画面で行えます。

Amazon.com、Amazon.ca、Amazon.mxのいずれかに出品用アカウントを登録すると、その出品用アカウントで他の2つのマーケットプレイスにも商品を出品できるようになります。このために必要な手続きはありません。セラーセントラルのマーケットプレイススイッチャーを使って、マーケットプレイスを切り替えることができます。これにより、各マーケットプレイスで商品の出品や、注文の管理を行うことができます。

大口出品者様には、出品用アカウントを最初に登録したマーケットプレイスの月額登録料のみが請求されます。たとえば、Amazon.comに出品用アカウントを登録した場合、Amazon.comのマーケットプレイスの月額登録料が請求されます。Amazon.caに出品することにした場合でも、月額登録料を別途支払う必要はありません。ただし、商品が売れた場合は、各マーケットプレイスに適用される1商品あたりの手数料をお支払いいただきます。

米国、カナダ、メキシコのすべての国で販売するには、それぞれAmazon.com、Amazon.ca、Amazon.mxに出品する必要があります。登録した最初のマーケットプレイス(たとえば、Amazon.com)に出品して販売を開始したとしても、他のマーケットプレイス(たとえば、Amazon.ca)に出品情報が自動的に入力されるわけではありません。この3つのマーケットプレイスすべてで商品を販売する場合は、各マーケットプレイスに出品する必要があります。

最後に、北米統一アカウントを設定するときには、Amazonでサポートしているいずれかの国にある銀行口座を指定する必要があります。現在、Amazonでは米国、カナダ、メキシコの銀行口座に加えて、世界各国の銀行口座に対応しています。
ヨーロッパにおける登録要件
出品者様は有効なクレジットカード、電話番号、納税情報を提出する必要があります。また、VAT番号の提出も必要です。VAT番号がなくても登録自体は完了できますが、ヨーロッパで出品する際はこの番号の提出が必要になります。VATの取り扱いについてはこちらをご覧ください

ヨーロッパ統一アカウント:Amazonでは、ヨーロッパのマーケットプレイスを1つに統合しているため、Amazon.co.uk、Amazon.fr、Amazon.de、Amazon.it、Amazon.esのうち、1つまたは複数のマーケットプレイスで商品を出品したり、管理したりできます。出品する商品と出品先の管理や、ヨーロッパでの業務管理は1つの出品用アカウント画面から行えます。

Amazonヨーロッパマーケットプレイスのうちの1つに出品用アカウントを登録すると、その出品用アカウントで他のすべてのAmazonヨーロッパマーケットプレイスにも出品できるようになります。このために必要な手続きはありません。注文はすべて1か所で管理されるため、イタリアでの取り引きも、英国での取り引きでも同様に処理できます。ただし、出品先となる各国に適用されるAmazon出品者の規則を守る必要があります。この規則は基本的なもので、Amazonの購入者ができる限り最適にショッピングを楽しんでいただけるようにすることを目的としています。また、各国とヨーロッパにおける税と規制に関する要件についても理解しておく必要があります。該当する要件を遵守することは出品者様の責任です。Amazonヨーロッパマーケットプレイスのいずれかに出品する際は、1商品販売につき適用される成約料をお支払いいただく必要があります。成約料は、国によって異なります。

ヨーロッパ全体で販売するには、商品を販売しようとする各Amazonヨーロッパマーケットプレイスに出品する必要があります。最初に登録したヨーロッパのマーケットプレイスに出品したとしても、ヨーロッパの他のマーケットプレイスに出品情報が自動的に入力されるわけではありません。商品を販売する各マーケットプレイスに出品する必要があります。ヨーロッパ向けに出品する方法についてはこちらをご覧ください

最後に、Amazonヨーロッパの出品用アカウントを設定する際は、Amazonでサポートしているいずれかの国にある銀行口座を指定する必要があります。現在、Amazonでは英国と米国の銀行口座に加えて、ユーロ圏すべての国の銀行口座に対応しています。
日本における登録要件
Amazon.co.jpでは、英語と日本語で出品用アカウント登録をすることができます。アカウントを設定したら、セラーセントラルでのアカウント管理に日本語と英語のどちらを使用するのかを選択できます。日本向けに出品する方法についてはこちらをご覧ください
インドにおける登録要件
現在、Amazon.inは、インド国内で事業を運営している出品者様のみを対象としています。この条件を満たしており、Amazon.inへの出品に関心をお持ちの場合は、こちらにお問い合わせください

支払い

マーケットプレイスで銀行口座を使用する
口座をきめ細かく管理したい場合は、出品する国で銀行口座を開設できます。この場合、手続きが複雑になり、対象の国で法律に基づく事業体を設立する必要が生じる場合もあるため、法律、税金、銀行取引に関する専門家に相談することをお勧めします。
Amazon海外口座送金サービス
Amazonマーケットプレイスの国で口座を開設しない場合は、Amazon海外口座送金サービス(ACCS)を利用することもできます。ACCSを利用すると、Amazonでサポートしている国の銀行口座をお持ちの場合は、お使いの銀行口座の現地通貨で直接支払いを受け取ることができます。出品者様の居住国とは関係なく、ACCSでサポートしている国と通貨の銀行口座でのみ支払いを受け取ることができます。

ACCSの流れ:米国以外の銀行口座を入力する場合は、その入力した銀行口座でACCSを使用して支払いを受け取ることに関する利用規約に同意する必要があります。すべての支払いは、ご利用の銀行の現地通貨で自動的に送金されます。米国以外の別の銀行に切り替える場合は、新しい銀行口座の詳細情報を入力する際にACCSの利用規約に再度同意する必要があります。

以下の表には、各マーケットプレイスのアカウントでACCSがサポートしている通貨を示します。

デフォルト=自国の通貨
カテゴリー
.com
.ca
.co.uk
.de
.fr
.it
.et
.co.jp
.com.mx
ユーロ(EUR)
デフォルト
デフォルト
デフォルト
デフォルト
英ポンド(GBP)
デフォルト
米ドル(USD)
デフォルト
オーストラリアドル(AUD)
ニュージーランドドル(NZD)
インドルピー(INR)
香港ドル(HKD)
カナダドル(CAD)
デフォルト
ブルガリアレフ(BGN)
チェココルナ(CZK)
クロアチアクーナ(HRK)
デンマーククローネ(DKK)
ハンガリーフォリント(HUF)
ノルウェークローネ(NOK)
ポーランドズウォティ(PLN)
ルーマニアレウ(RON)
スイスフラン(CHF)
シンガポールドル(SGD)
フィリピンペソ(PHP)
注意:ご利用の銀行の所在国がAmazon海外口座送金サービスのサポート対象外である場合、ACCSを通じた銀行口座への支払いはできません。Amazonのマーケットプレイスがある国のいずれか、またはACCSでサポートしている国で銀行口座を開設していただく必要があります。

セラーセントラルのヘルプページで「Amazon海外口座送金サービスのよくある質問」をご確認ください。

出品情報の作成

概要
新しいマーケットプレイスで出品用アカウントを作成したら、対象のマーケットプレイスに商品の出品情報を作成します。商品の出品情報についての要件はマーケットプレイスによって異なる場合があるため、各マーケットプレイスのヘルプページにあるガイドラインを必ずご確認ください。Amazonマーケットプレイスの出品情報は以下の項目で構成されます。
  • 製品コード:UPC、EAN、ISBNなどの国際識別番号。
  • 商品名:商品の簡潔な説明。
  • 商品仕様と商品説明:商品仕様では、商品の主な特長を簡単に説明して、お客様の関心を引くようにします。商品説明には、商品の詳細情報を掲載します。サードパーティの通貨換算サービスを使用します。
  • 商品画像:できる限り細部までよくわかる写真。画像サイズは500x500ピクセル以上にしてください。商品を細部まで見せる場合は1000x1000ピクセルが推奨されます。カテゴリーによって画像サイズの要件が異なるため、セラーセントラルにあるガイドラインをご確認ください。
  • 検索キーワード:お客様が商品を検索するときに検索ボックスに入力する可能性があるキーワード。複数の検索キーワードを指定できます。
注意:出品情報の内容は、商品が検索結果に表示される頻度に影響するため、商品が売れる確率にも関係します。このため、もっと売れるようにするには、時間と手間をかけてよい内容の出品情報を作成することが重要です。
商品を出品する
在庫が少ない場合は(100点未満)、商品登録ツールを使って商品を1つずつ出品する方が簡単です。一方、大口出品サービスに登録していて在庫が多い場合は、在庫ファイルを作成し、一括出品ツールを使って一度にすべての在庫をアップロードできます。

出品情報は、出品するAmazonマーケットプレイスの言語で作成する必要があります。たとえば、Amazon.deに出品する場合はドイツ語で、Amazon.jpに出品する場合は日本語で作成します。出品するAmazonマーケットプレイスの言語がわからない場合は、オンラインで利用可能な、出品情報を専門的に翻訳してくれるサービスを活用しましょう。以下に、他の出品者様が利用しているリソースを紹介します。
グローバル出品連携ツール:グローバル出品連携ツールを使うと、出品情報を管理する手間を減らし、統一アカウントを使って複数のAmazonマーケットプレイスを対象に出品情報を同時に作成したり、更新したりできます。出品者様がご利用になるメインのマーケットプレイスにアカウントを作成して出品したら、その出品情報の中から商品を選定して、現在出品していないマーケットプレイスの中から今後のターゲットとなるマーケットプレイスを見極めることができます。グローバル出品連携ツールでは、以下の操作が自動的に行われます。
  • メインのマーケットプレイスに出品中の商品に基づいて、ターゲットとなる複数のマーケットプレイスに出品情報が作成されます。
  • 出品情報を追加したり削除したりするたびに、ターゲットのマーケットプレイスの出品情報が更新されます。
  • 出品者様が設定した価格設定ルールに基づき、メインのマーケットプレイスで変更した価格に応じて、ターゲットのマーケットプレイスの価格が調整されます。
  • メインのマーケットプレイスの通貨との為替レートの変動を反映するよう、ターゲットのマーケットプレイスの価格が調整されます。

3

出荷、配送する

Amazonフルフィルメントサービスでは、世界中の購入者に商品を迅速に配送できるようにお手伝いします。費用、時間、要件など、各国における発送について理解しましょう。フルフィルメント by Amazon(FBA)による国際的なソリューションについてご確認ください。出品者様がご自身で対応することもできます。

Amazonがお手伝いします

世界各地にあるAmazonフルフィルメントセンターに商品を納品していただければ、フルフィルメント by Amazon(FBA)がピッキング、梱包、出荷、現地の言語での24時間年中無休のカスタマーサービスに対応します。

FBA海外配送では、Amazonが輸出対象の在庫を海外の購入者に出荷します。この際、出品者様に追加費用はかかりません。ヨーロッパ全域でのFBA出品プログラムでは、Amazonが出品者様の商品の出荷を代行することで、現地の配送料でヨーロッパの購入者に販売できます。

出品者様による出荷

商品を購入者に直接海外発送
購入者が商品を注文したマーケットプレイスとは異なる国に商品在庫がある場合は、その商品を海外の購入者に向けて発送します。手続きは以下のようになります。
  1. 海外発送に対応している配送業者を選びます。
  2. 商品を出荷します。登録輸出者は出品者様ご自身です。
    重要:高い顧客満足度を実現し、カスタマーレビューと出品者パフォーマンスのよい評価を維持するには、購入者への配送に遅れが出ないようにします。関税や、商品に課せられる他の税金に伴う想定外の費用が原因で遅延する場合があります。出品者様が商品を発送する場合は、こうした点に注意する必要があります。
  3. 配送業者は仲介業者の役割を果たし、運送費請求書に記載された利用規約に従って配送します。配送業者は商品の配達時に購入者から税金を回収します。
購入者の期待に応えることも重要です。商品の発送元となる国について正確な情報を購入者に伝える必要があります。具体的には、出品者のプロフィールに「発送元」の国を正確に記載し、お届けまでにかかる正確な日数を記載することで、購入者の期待に応えるようにします。受け取ったすべての注文に対して、発送予定日を遵守することは出品者様の責任です。
海外配送
海外配送料
海外配送料は、以下のような要因によって異なります。
  • 箱の寸法と重量
  • 配送時間
  • 発送元と発送先(発送先が海外の場合は料金が大幅に高くなる可能性があります)
  • Transperfectの翻訳
上記の料金に加えて、関税や税金にも注意する必要があります。Amazonでは、FBAの在庫に関する関税や税金について責任を負いません。関税の支払い義務がある商品がAmazonフルフィルメントセンターに届いた場合は、すべて発送元に返送します。

海外へのお届けまでにかかる日数
商品を海外へ配送するには、国内配送よりも時間がかかります。お届けまでにかかる日数は出品商品の詳細に記載されるため、出品先の国内の同業者と比べると競争力が劣る可能性があります。
その他のリソース
配送料の確認や、出荷を簡単に行うためのリソースをオンラインで多数ご用意しています。以下に、他の出品者様が利用している業者を地域別に紹介します。各社のWebサイトに直接アクセスして、出品予定のAmazonマーケットプレイスで商品を配送する際にかかるおおよその配送料を計算してみましょう。
会社
会社
米国
ヨーロッパ

フルフィルメント by Amazon

概要
出品者様の所在地
FBAフルフィルメントセンターの場所
輸入が必要かどうか
米国国外
米国
はい。商品を米国に輸出する必要があります。
カナダ国外
カナダ
はい。商品をカナダに輸出する必要があります。
ヨーロッパ以外
ヨーロッパマーケットプレイスの国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)
はい、商品はFBAフルフィルメントセンターのある国に輸入する必要があります。
ヨーロッパマーケットプレイスの国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)
いいえ。商品をヨーロッパ内に輸出する必要はありません。FBAをご利用の場合は、FBA海外配送プログラムを利用できます。
いいえ。商品をヨーロッパ内に輸出する必要はありません。FBAをご利用の場合は、FBA海外配送プログラムを利用できます。
日本国外
日本
はい。商品を日本に輸出する必要があります。
メキシコ国外
メキシコ
はい。商品をメキシコに輸入する必要があります。
海外から注文された商品を発送するもう1つの方法は、商品を出品しているAmazonマーケットプレイスの国でフルフィルメント by Amazon(FBA)を使用することです。FBAを使用する場合は、そのマーケットプレイスでお客様に商品を販売するために、商品をその国に輸出してAmazonフルフィルメントセンターに保管しておくことが必要です。ただし、Amazonヨーロッパマーケットプレイスのいずれかにすでに出品していて、そのマーケットプレイスでFBAを利用している場合は例外です。その場合、ヨーロッパ全域でのFBA出品プログラム、ヨーロッパフルフィルメントネットワーク、または多国間在庫を通じて、現在ご利用のFBAアカウントでヨーロッパの他のマーケットプレイスから注文商品を出荷できます。
商品を購入者に直接海外発送
商品がフルフィルメントセンターとは異なる国にある場合、商品を発送元の国から輸出して、発送先の国に輸入する必要があります。出品者様は、発送元の国では登録輸出者、発送先の国では登録輸入者となり、発送元と発送先の国におけるすべての法律と規制を遵守する必要があります。輸入税、関税、発送先の国で徴収される手数料が適用される場合があります。Amazonでは、FBAの在庫に関する関税や税金について責任を負いません。関税の支払い義務がある商品がAmazonフルフィルメントセンターに届いた場合は、すべて発送元に返送します。その際の手続きは以下のようになります。
  1. セラーセントラルで商品を出品します。
  2. コマーシャルインボイスを作成します。インボイスには出品者様が登録輸入者であることを記載します。
  3. 通関業者を選びます(このサービスは配送業者から提供される場合があります)。
  4. 商品を工場または倉庫から港(空港)に輸送します。
  5. 商品の輸出通関手続きを行います。
  6. 発送先の港(空港)に輸送するために商品を輸送船(輸送機)に積みます。
  7. 商品を発送先の港(空港)に輸送し、積荷を降ろします。
  8. 商品の輸入通関手続きを行います。
  9. フルフィルメントセンターに輸送するために商品を輸送車に積みます。
直置きLTL/FTL納品の要件など、Amazonフルフィルメントセンターに在庫を納入する際の規則や規定について詳しくは、Amazonのヘルプページをご確認ください。
FBA海外配送
米国のFBA海外配送は、フルフィルメント by Amazon(FBA)で提供されているプログラムです。このプログラムを活用することで、海外でのビジネスを成長させることができます。FBA海外配送を利用すると、このプログラムの対象商品が輸出可能になります。海外の購入者から注文があると、商品はAmazonでピッキング、梱包され、購入者に直接出荷されます。Amazonが商品の複雑な海外出荷に対応します。追加費用は発生しません。出品者様の商品は、Amazon.comを利用するお客様によって、検索され、見つけてもらうことができます。購入者は、購入手続き画面で海外配送料、輸入手数料デポジット(関税)、商品代金を含む料金を決済します。また、注文に関する質問がある場合は、Amazonのカスタマーサービスに問い合わせることができます。商品を返品する場合は、Amazonの通常の返品手続きを行います。返品手続きについては、Amazonのカスタマーサービスから案内します。出品者様に追加料金が請求されることはありません。
ヨーロッパの配送オプション
ヨーロッパ向けの出品には、Amazonのフルフィルメントネットワークを利用できます。Amazonヨーロッパマーケットプレイス用の1つのアカウントで簡単に出品できるだけでなく、フルフィルメント by Amazon(FBA)を使用して、国境を越えた販売を簡単に行うことができます。ヨーロッパのFBAでは、ヨーロッパ全域でのFBA出品プログラム、ヨーロッパフルフィルメントネットワーク(EFN)、多国間在庫(MCI)の3つの海外出荷プログラムを提供しています。

ヨーロッパ全域でのFBA出品プログラム:ヨーロッパ全域でのFBA出品プログラムでは、すべてのヨーロッパマーケットプレイスでの注文に1つの在庫プールから対応できます。ヨーロッパフルフィルメントネットワークでは、1商品ごとに請求されるクロスボーダーFBA手数料は発生しません。ヨーロッパフルフィルメントネットワーク間で在庫を配送するのに追加料金はかかりません。ヨーロッパ全域でのFBA出品プログラムを利用して出品した商品は、セラーセントラルのすべての標準レポートと標準ツールで追跡できます。

セラーセントラルヨーロッパにあるフルフィルメント by Amazonの設定で、ヨーロッパ全域でのFBAプログラムを有効にできます。その後、各Amazonヨーロッパマーケットプレイス(Amazon.co.uk、Amazon.de、Amazon.fr、Amazon.it、Amazon.es)で同じ在庫プールから対象のFBA商品を出品し、ヨーロッパ全域でのFBA出品プログラムでその商品のASINを登録すると、その商品にヨーロッパ全域でのFBA出品プログラムが適用されるようになります。

出品者様は、ヨーロッパ全域でのFBA出品プログラムでASINの商品を出荷する国を選択します。Amazonでは、独自の判断に基づき、ヨーロッパのフルフィルメントセンター間でこの在庫を移動することがあります。この際、出品者様に追加料金が請求されることはありません。こうした移動により、可能な限り購入者に近い場所で在庫を保管できます。

ヨーロッパフルフィルメントネットワーク(EFN):ヨーロッパフルフィルメントネットワーク(EFN)は、Amazonヨーロッパマーケットプレイスの5つすべてにおける在庫を保管し、出荷するためのシンプルな方法です。以下のようなしくみになっています。
  1. 出品者様は、ヨーロッパの自国のマーケットプレイスまたは出品先のマーケットプレイス(たとえば、英国)にあるフルフィルメントセンターに商品を納品します。
  2. 1つまたは複数のAmazonヨーロッパマーケットプレイス(たとえば、Amazon.de)に商品を出品します。
  3. ヨーロッパ全域のお客様が出品者様の商品を注文できるようになります。注文商品はAmazonにある1つの在庫プールから配送されます。たとえば、ドイツのお客様がAmazon.deで商品を購入すると、その商品はAmazonによって配送処理され、英国の在庫プールから出荷されます。
  4. 購入者は注文履歴から、発送元の国と予想到着日を確認できます。
ヨーロッパフルフィルメントネットワークの選択:フルフィルメント by Amazonに登録している場合は、ヨーロッパフルフィルメントネットワークを使用できます。登録費用や開始費用を別途支払う必要はありません。販売しようとする各Amazonヨーロッパマーケットプレイスに商品を出品するだけです。商品が売れたら、ヨーロッパフルフィルメントネットワークを通じて出品者様の自国のマーケットプレイス以外に各注文商品を配送するための手数料と、その他のFBA手数料を支払います。ヨーロッパフルフィルメントネットワークの手数料について詳しくは、こちらをご覧ください

多国間在庫(MCI):多国間在庫(MCI)を使用することで、購入者に注文商品が届くまでの時間を短縮できます。多国間在庫は、フルフィルメント by Amazon(FBA)を通じて提供されるオプションの海外出荷プログラムです。出品商品の競争力を高めることで、海外でのビジネスを成長させるのに役立ちます。出品者様は売れ筋商品の在庫をお客様が購入している国に直接納品するため、商品は購入者の近くで保管されます。お客様が商品を注文すると、Amazonが商品を迅速に出荷して配送します。

国内の注文商品はご自身で発送している場合でも、海外で多国間在庫を利用して現地で出荷することで、出品先の海外のマーケットプレイスにおいて競争力を得られます。すべての出品商品を多国間在庫を利用して出荷するのか、売れ筋商品のみを現地から出荷するのかを選ぶことができます。最低数量の要件はありません。

多国間在庫の選択:多国間在庫を活用するには、Amazonのグローバル出品連携ツールを使用してAmazonヨーロッパマーケットプレイスに出品します。多国間在庫を有効にすると、商品を納品する国を選択できます。

商品在庫の輸入と輸出

概要
ビジネスを海外のAmazonマーケットプレイスに拡大し、フルフィルメント by Amazon(FBA)やサードパーティの配送業者を利用して出荷する場合は、輸出入手続きにおける義務について理解しておく必要があります。輸出入手続きの一部またはすべてをご自身で行うこともできますが、通関業者や運送会社などの物流業者を利用する方が簡単です。こうした業者には、在庫をある場所から別の場所に適時かつ安全に移動するノウハウとシステムがあります。

ヒント:海外のマーケットプレイスでFBAを使用し、物流業者のサービスを利用する予定の場合は、FBAに登録後すぐに物流業者に問い合わせることをお勧めします。必要な事務手続きを終えるまでに時間がかかることがあるため、購入者に商品を遅れずにお届けできるよう早めに行動しましょう。
通関業者や運送会社のサービスを利用して在庫をある国から別の国に移動する場合は、業者と直接契約を結ぶ必要があります。また、登録輸入者や登録輸出者の手配も出品者様が直接行う必要があります。Amazonがそうした役割を果たしたり、出品者様の代わりに手配したりすることはできません。

在庫をある国から別の国のフルフィルメントセンターに移動するために通関業者や運送会社と契約する場合は、事前に誰が以下の責任を引き受けるかを決めておく必要があります。
  • 登録輸出者(EOR):一般に、荷送人が登録輸出者になります。Amazonが登録輸出者の役割を果たすことはありません。出品者様は、登録輸出者の役割を果たす通関業者や運送会社と契約を結ぶこともできます。
  • 登録輸入者(IOR):登録輸入者は、発送先の国に積荷が問題なく輸入されたことを確認する責任があります。この責任には、法的に義務付けられている書類を提出したり、課せられている輸入税や税金を支払ったりすることが含まれます。フルフィルメントセンターを含め、Amazonでは、FBA在庫の積荷に対して登録輸入者の役割を果たすことができません。FBA在庫の積荷でAmazonを登録輸入者として申告しようとした場合、その積荷は荷送人の費用負担で返送されます。例外は認められません。
非居住輸入者:一部の国では、非居住者(外国人)の登録輸入者が商品の輸入通関手続きを行うことができます。非居住者が登録輸入者になる方法については、通関業者や配送業者にお問い合わせください。

重要:出品者様は、輸出入に関するすべての法律を遵守し、輸入した商品が適用される法律や規制に準拠していることを確認する責任があります。禁止商品や制限のある商品を、必要とされるすべての許可や認可を得ずに輸入することはできません。たとえば、特定の農産物、食品、アルコール、植物、種、魚、野生生物の商品、薬物の米国への輸入は禁止または制限されています。
通関業者や運送会社との出荷の手配
通関業者や運送会社から以下のフォームに記入するよう求められることがあります。
  • 委任状:委任状に署名すると、出品者様の代理人として税関手続きを行い、在庫を移動する権限が通関業者や運送会社に付与されます。
  • 登録輸入者の登録:在庫を輸入する国の税関当局に登録輸入者として登録します。フルフィルメントセンターを含め、Amazonでは、FBA在庫の積荷に対して登録輸入者の役割を果たすことができません。これは、原産国や商品にかかわらず、すべてのサイズや金額の積荷に適用されます。FBAの積荷でAmazonを登録輸入者として申告しようとした場合、その積荷は荷送人の費用負担で返送されます。例外は認められません。
  • 利用規約:通関業者は、出荷手続きの各段階で誰に商品の責任があるのかを出品者が理解できるように条件を詳しく説明する必要があります。
  • 関税、税金、運送費用:Amazonは、FBA在庫に関するいかなる関税、税金、運送費用についても責任を負わず、これらの徴収も行いません。すべての積荷には、仕向け地持ち込み渡し・関税込み(DDP)発送条件が適用される必要があります。関税、税金、運送費用などの着払い費用がある積荷がAmazonフルフィルメントセンターに到着した場合は、譲歩することなく拒否されます。
  • 配送先:輸送書類にAmazonフルフィルメントセンターを配送先として記載できます。輸送書類への記載例については以下をご覧ください。
  • 1
    2
    Amazon.com.kydc
    [出品者様の正式名称] c/o FBA
    1850 Mercer Drive
    Lexington, KY 40511 USA
    Amazon.com.dedc
    [出品者様の正式名称] c/o FBA
    500 McCarthy
    Lewisberry, PA 17339 USA
    積荷についての問い合わせがある場合に備えて、輸送書類に出品者様の連絡先情報が記載されていることを確認してください。
最終荷受人
Amazonは登録輸入者の役割を果たすことはできませんが、輸送書類にAmazonを最終荷受人として記載できます。ただし、「in care of(c/o)」(気付)と記入し、それに続いてAmazonの事業者名を記載する場合に限ります。

出品者様がAmazonを最終荷受人として指定する場合、通関業者は在庫を配送する前にAmazon(sellerimports@amazon.com)に連絡し、通関手続きに必要な雇用者番号(EIN)または納税者番号を入手する必要があります。
コマーシャルインボイス
商品を製造元や販売業者から出荷する準備ができたら、荷送人はコマーシャルインボイスを作成します。通関手続きに遅れが生じないようにコマーシャルインボイスは正確に記入してください。コマーシャルインボイスには以下の情報を記入する必要があります。
  • インボイスの日付。
  • カスタマーと出品者様の名前と住所。コマーシャルインボイスには購入者または出品者としてAmazonを記入しないでください。
  • 出品者様または製造元の名称と正式な住所。
  • 荷送人の担当者名、会社名、住所、納税者番号。
  • 配送先住所。この項目には、「In care of(c/o)」(気付)と記入し、それに続いて商品を納品するAmazonフルフィルメントセンターの名称と住所を記載します。
  • 登録輸入者。荷送人が商品の所有者と同じ場合は、この項目に荷送人の名前を記入する必要があります。この項目を空白のままにしないでください。空白のままにすると、積荷が拒否され、返送されます。
  • 輸送方法。
  • インボイスに記載されている、商品の詳しい説明。以下の情報を記載します。
    • 関税分類コード(わかる場合)
    • 個数
    • 単価
    • 各商品の合計金額。無償のサンプルや商品の場合は、通関手続きのために名目上の価格や適正市場価格を記載します。
  • 取り引きに使用する通貨の種類。
  • 販売条件。正しい条件は仕向け地持ち込み渡し・関税込み(DDP)です。荷送人またはFBA出品者は、適用されるすべての関税と税金を支払う必要があり、Amazonフルフィルメントセンターに納品する前に通関手続きを行う責任があります。税関申告書に申告者または登録輸入者としてAmazonの名前を記入し、Amazon名義で商品を輸入することは認められていません。
  • お問い合わせ伝票番号。Amazonフルフィルメントセンターに配送する積荷の場合は、Amazon出品用アカウントで出荷情報を作成したときに受け取ったAmazon FBA納品番号を記入してください。荷物をFedExやUPSなどの配送業者で送る場合は、航空貨物運送状の番号にこのお問い合わせ伝票番号を使用することもできます。
  • すべての証明書。
  • 商品を輸送する配送業者名。
  • 運賃支払い条件。
  • 輸出理由。
出荷の成功事例
Amazonフルフィルメントセンターでは、フルフィルメントセンターに納品できるパレットのサイズやトラックの種類など、受け入れる積荷についての要件を設けています。Amazonに在庫を納品する方法に関するガイドラインには、Amazonフルフィルメントセンターへの納品を準備するために必要な情報が記載されています。フルフィルメントセンターへの在庫納品や購入者への配送に遅れが生じないように、記載されている要件とベストプラクティスをご活用ください。

注意:米国、英国、ヨーロッパのマーケットプレイスではパレットに違いがあります。

可能であればフルフィルメントセンターに到着する前に積荷をパレットに載せるように手配してください。Amazonフルフィルメントセンターでは直置き積荷も受け付けていますが、フルフィルメントセンターへの納品を手配する際に事前に申請しておく必要があります。直置き積荷に大がかりな作業が必要な場合は、追加料金が適用されることがあります。

積荷が納品に関するAmazonのポリシーに準拠していることをご確認ください。Amazonが積荷の受け入れを拒否した場合、出品者様はフルフィルメントセンターからその積荷を移動する義務があります。ばらのカートンがパレットの半分に満たない状態で、各カートンの重量が15kg未満であれば、商品を国際宅急便で出荷した方がよい場合があります。配送業者によってサービスが異なるため、発送先の国ごとに別の配送業者を使用する場合があります。配送業者のサービスを使用して在庫をフルフィルメントセンターに納品する場合は、出品者様が用意したコマーシャルインボイスに基づいて通関手続きを行うことができるかどうかをその配送業者に確認する必要があります。配送業者が出品者様のコマーシャルインボイスに基づいて通関手続きを行えない場合、通関業者に相談する必要があります。

物流会社と通関業者:オンラインには、配送料を確認したり、出荷を簡単に行ったりするためのリソースが多数あります。以下に、他の出品者様が利用している配送業者を紹介します。配送業者のWebサイトに直接アクセスして、出品しようとするAmazonマーケットプレイスで注文商品を配送するときにかかるおおよその配送料を計算してみましょう。

DHL: www.dhl.com
Expeditors International: www.expeditors.com
FedEx: www.fedex.com
Samuel Shapiro: www.shapiro.com
UPS: www.ups.com

在庫を出荷する前に、利用する運送会社や国際宅急便に問い合わせて、料金と要件を確認することをお勧めします。
輸入商品の返送
Amazonフルフィルメントセンターに保管されている在庫を輸入元の国以外の住所に返送することはできません。また、FBAではAmazonフルフィルメントセンターで出品者様向けのピッキングオプションをサポートしていません。FBA在庫の返送を希望する場合は、返送/所有権の放棄依頼作成フォーム(サインインが必要)に輸入元の国の返送先住所を入力する必要があります。

4

ビジネスを管理する

カスタマーサポートの提供と、現地の国での返品は、出品者様ご自身で対応することも、Amazonが代行することもできます。売上金の支払いはご希望の通貨で受け取ることができます。Amazonのツールや推奨情報を利用して、海外での販売を成長させ、ビジネスを世界規模で拡大しましょう。

サービスプロバイダーネットワーク

サービスプロバイダーネットワーク – 税金、コンプライアンスから海外配送、広告の最適化まであらゆることをお手伝いします。

カスタマーサポート

概要
ビジネスを海外のAmazonマーケットプレイスに拡大し、フルフィルメント by Amazon(FBA)やサードパーティの配送業者を利用して出荷する場合は、輸出入手続きにおける義務について理解しておく必要があります。輸出入手続きの一部またはすべてをご自身で行うこともできますが、通関業者や運送会社などの物流業者を利用する方が簡単です。こうした業者には、在庫をある場所から別の場所に適時かつ安全に移動するノウハウとシステムがあります。
ただし、ヨーロッパマーケットプレイスのいずれか(たとえば、Amazon.co.uk)にすでに出品していて、別のAmazonヨーロッパマーケットプレイス(たとえば、Amazon.de)に出品する場合は例外です。その場合は、ヨーロッパのマーケットプレイス向けに用意されている統一アカウントを利用することで、現在使用中の出品用アカウントから出品できます。

ヨーロッパでは、各国の言語でオンライン登録できます。Amazon.deではドイツ語、Amazon.frではフランス語、Amazon.itではイタリア語、Amazon.esではスペイン語で登録できます。この4つのマーケットプレイスのいずれかに出品することに関心をお持ちであるものの、そこで使用されている言語がわからない場合は、まず英語でAmazon.co.ukに出品用アカウントを登録してから、統一アカウントを使って目的のヨーロッパマーケットプレイスに出品できます。

Amazon.in(インド)とAmazon.cn(中国)ではそれぞれ、国外を拠点とする出品者様に対して独自の登録要件と出品要件を設けています。詳しくは、このサイトのインドマーケットプレイスに関するページと中国マーケットプレイスに関するページをご覧ください。

以下のリンクをクリックすると、Amazonマーケットプレイスに出品用アカウントを作成できます。
カスタマーサポート(出品者様による発送の場合)
現地の言語でのカスタマーサポート:購入者からの注文にご自身で対応する場合、ピッキング、梱包、購入者への発送に加えて、カスタマーサポートも行う必要があります。出品先のAmazonマーケットプレイスで使用されている言語がわからない場合、カスタマーサポートの提供が難しいことがあります。

コンピューターの自動翻訳機能を使って海外の購入者からの問い合わせメールに返信したいと考えるかもしれません。ただし、この場合、機械翻訳によって最良とはいえない翻訳が作成される恐れがあります。それによって顧客満足度が低下し、最終的に出品者様のパフォーマンス評価に影響する可能性があります。現地の言語でカスタマーサービスを提供することができない場合は、サードパーティのサービスプロバイダーを利用してカスタマーサポートを提供することをお勧めします。

適時の対応:購入者は、商品に関する質問に迅速かつ適切に対応してもらうことを期待します。出品者様の評価を健全な状態に維持するには、商品の内容、購入者の商品の配送状況、配達予定日を理解し、購入者からのメールによる問い合わせに現地の言語で24時間以内に迅速に対応できるカスタマーサービスのスペシャリストが必要です。出品者様の拠点とタイムゾーンが異なるマーケットプレイスに出品する場合は、時差の関係で出品者様が通常対応できる時間のうち、限られた時間帯でしか購入者をサポートできないため、こうした対応は難しくなります。

オンラインには、出品者様のカスタマーサポートに役立つリソースが多数あります。以下に、他の出品者様が利用しているサービスを地域別に紹介します。

欧米:Seller Engine
ヨーロッパ:InterCultural Elements
日本:Jumbo
カスタマーサポート(フルフィルメント by Amazonの場合)
FBAを利用している場合は、Amazonが出品者様に代わって、該当するマーケットプレイスで使用されている現地の言語で24時間のカスタマーサポートを提供します。多くの出品者様にとって、FBAのこの機能は海外のマーケットプレイスへの出品を効果的に行ううえで不可欠です。FBAによってカスタマーサポートが現地の言語で行われるため、購入者にAmazonの世界クラスのカスタマーサービスを提供しながら、出品者様はビジネスの成長と管理に集中できます。

カスタマーからの返品

カスタマーからの返品(出品者様による発送の場合)
海外のマーケットプレイスに出品し、ご自身で商品を発送する場合、出品先のAmazonマーケットプレイスのWebサイトに記載されている国に返品先住所を用意するか、購入者による返品時の配送料を無料にする必要があります。これは、Amazonマーケットプレイスに出品するための要件です。

お客様が購入した商品を返品する方法について考える際は、以下の選択肢を考慮してください。
  • フルフィルメント by Amazonを使用する:FBAを使用する場合、Amazonが対象マーケットプレイスでのFBA注文に対する返品に現地で対応します。このため、出品者様は現地の返品先住所を用意する必要はありません。
  • 返品手数料を適用し、一部返金を行う:状況によっては、返品される商品に対して購入者に返品手数料を請求するか、一部返金を行うことが適している場合があります。返品手数料や一部返金は、返品に関するAmazonのポリシーに準拠している必要があります。
  • 返品に対応するサードパーティの国際配送業者と契約を結ぶ:Amazonが紹介する、返品に対応する配送業者を利用して、購入者の国で返品を受け付けることができます。返品に対応する一部の国際配送業者では、販売数と単価に応じて、海外の購入者が商品を返品する際に生じる出品者様の費用を抑えるソリューションを提供しています。たとえば、一部の業者では、返品をまとめて出品者様に返送したり、別の購入者に配送したりするサービスを提供しています。
カスタマーからの返品(フルフィルメント by Amazonの場合)
FBAを利用する場合、Amazonが出品者様に代わって返品に現地で対応します。このため、出品者様は現地の返品先住所を用意したり、価格を変更して海外からの返品の配送料を組み込んだりする必要はありません。

海外での販売を始めましょう

海外のお客様に商品を届けませんか?Amazonがお手伝いします。海外展開を成功させる方法を見る