2022年にネット販売を始める方法

team reviewing business analytics

簡単な概要

以下のステップに従って、ネット販売を開始することができます。詳しい手順について、こちらをご覧ください。
  1. ビジネスアイデアをリサーチして、購入者のニーズを満たす商品を考え出しましょう。
  2. 見込み客と話し合って、 商品アイデアを検証 します。
  3. オンラインの購入者へ商品を販売する方法と発送する方法を検討します( 最適な商品を選ぶための11のヒント )。
  4. 在庫を入手する、または独自に製造して、 商品を調達します。
  5. Amazon、自社サイト、またはその両方を含む ネット販売チャネル を選択します。
  6. ネットショップを構築 して、商品を登録します。
  7. 購入者に注文商品を配送するためのオンライン出荷戦略を策定します。
  8. オンラインマーケティングやプロモーションなどの手段で購入者を引き付け、ビジネスを成長させます。

ネット販売を始めるのは大きな決断のように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

たしかに、考慮すべきことはたくさんありますが、複雑で圧倒されるほとではありません。これからご紹介するように、人気のブランドや企業の中には、小規模から始め、1〜2点の商品をオンラインで販売して、そこから成長を遂げたものがあります。

自社のネットショップ開業 を検討している、あるいはネット販売での存在感を高めるためのヒントやアイデアをお探しの場合は、こちらのガイド(およびチェックリスト)をご活用ください。

ネット 販売の収益性は?
ネット販売をゼロから始める
ネット販売を運営する
マーケティングと商品プロモーション
eコマースのビジネス用語
Example of an Amazon storefront using Amazon Stores

AnkerがAmazonで副業からグローバルブランドに成長した経緯

携帯電話の充電器やモバイルバッテリーの世界的な販売会社である Anker Technologies が、Amazonでの 小規模なネット販売から始まった ことをご存じでしょうか。Steven Yang氏と彼の妻は、当初 在庫や配送の管理が不要なドロップシッピング事業 を営んでいましたが、ここからポータブル充電機器を販売するという着想を得て、これが後のAnkerとなりました。販売が軌道に乗ると、夫妻はフルタイムでビジネスを行うようになりました。今では、Ankerはグローバル企業となっています。
Man looking at graphs and charts on a computer

ネット販売を始めるには遅すぎる?

いいえ、 ネット販売を始める のに遅すぎるということはありません。消費者が オンラインで商品を購入する ことに慣れるにつれ、eコマース業界今後も成長を続けると予測されています

ネットショップの作成や構築 を臆する必要はありません。まずはAmazonで小規模から始め、アイデアに将来性があるかどうかを試してみてください。何百万人ものオンライン買い物客と接することが可能になり、見込み客とやり取りして、商品の出品情報や価格、説明をすばやく調整する機会が多く得られます。

小口出品形態では、 ネット販売 を通じて商品を販売するたびに商品1点あたりの手数料をお支払いいただきます。まだ販売する物を決めかねている出品者にとって理想的です。

既存の事業主やこれから参入する起業家の方は、大口出品を選ぶことでプロフェッショナルな出品ツールを利用することができます。月額登録料をお支払いいただくことで、広告やプロモーションなど、視認性や収益に影響を与える機能を利用することができます。

ネット販売の収益性について

ネット販売 は前年比で成長を続けている傾向にあります。意欲的な起業家や 成長中の企業 にとって、eコマースはビジネスの唯一の目的として、あるいは付加的な販売チャネルとして、非常に収益性の高いモデルとなり得ます。
cork board with product ideas pinned to it

ネット販売をゼロから始める方法

ここでは、100万ドル規模のアイデアを練るところから、 自社のネットショップ を運営するところまで、その方法について説明します。

ステップ1:ビジネスアイデアをリサーチする

ネットショップの構築を始める前に、重要な決定を迅速かつ効率的に行えるようビジネスプランをリサーチする必要があります。出品者が販売または製造する商品を決める方法にはいくつかあります。ここでは、これから ネット販売を始める 際に行うべき最も重要な決定事項をいくつかご紹介します。

解決すべき問題点や課題を見つける

どのような問題や課題を解決しようとしていますか?その問題点を一番感じているのは誰ですか?この課題を解決することで最も喜ぶのは誰ですか?

解決すべき問題を見つけることは、非常に重要です。どんなに革新的なアイデアでも、そのアイデアを支持する購入者というオーディエンスがいなければ、失敗に終わることもあるからです。

たとえば、高品質なキッチン用品の製作を考えている場合、料理を楽しむ人が最適な購入者になります。厚手の丈夫なヨガマットを販売する場合は、ヨガをする人や講師が一番の支持者やファンになるかもしれません。

商品が直面するであろう課題を考えてみましょう。作ろうとしているものを真に評価してくれるユーザーを特定して、そのユーザーを最優先に考えてください。そうすることで、優先順位が決まります。

優れた商品アイデアを見出すために、間口を広げて考える必要はありません。多くの場合、出品者は身近なグループに販売します。その方が、問題を見つけやすく、ニーズを的確に把握しやすいからです。ご自身の興味に目を向けて、同じような興味や趣味を持つ人たちが必要としているであろう商品を探してみましょう。

観察することで、優れた商品アイデアが見つかる

最高のアイデアは、友人との食事など、何気ない日々の出来事から生まれます。ネットショップのオーナーであるSaadia Mirza氏とBassel Riche氏は、夕食を取っているときにビジネスアイデアを思いつきました。アトランタの歩道で起きているある問題に気づきます。夜間に外出中の女性たちが、足が痛くなる靴を脱ぎ、痛みを和らげるために歩道を裸足で歩いていたのです。これにヒントを得て、ブランド所有者らは新商品を考案しました。靴による足の痛みを和らげる携帯可能なバレエシューズ、Parse Palsです。
解決すべき課題と、その課題の解決を望むオーディエンスを見つけることで、事業が成功する可能性がはるかに高まります。

商品アイデアを探す際に自問すべき質問

ビジネスアイデアのリサーチを始める最も簡単な方法は、身近なところに目を向けることです。周りにいる人々の目標や願望、課題を見つけ、その人たちの役に立つ商品を探しましょう。観察することで、ビジネスのアイデアを思いつき、オンラインでリサーチすることができます。
  • 解決したい問題点や課題は何ですか?
  • 現在使用している商品には、どのような欠点や不満がありますか?
  • 気づいた世の中の傾向のうち、アイデアに活かせるものは何ですか?
  • 友人や家族が使っている商品について、どのような意見を聞くことがありますか?
  • 日頃どのような活動を楽しんでいますか?そういった活動をより良くするために役立ちそうな商品は何ですか?

キーワード調査ツールを使用して動向やチャンスを見極める

ネット販売 では、情熱が必ずしも成功につながるとは限りません。購入者が商品を求めているかどうかを見極める必要があります。オンラインツールを利用して、動向をリサーチし、オーディエンスが抱くであろう疑問を調べ、現在のソリューションを判断することができます。Amazonのベストセラーリストを参照して、ニッチな商品の販売機会を見つけてください。

すでに類似商品がある場合の対応

アイデアや商品がすでに市場に流通している場合でも、心配はいりません。いくつかの選択肢があります。つまり、同じ商品をより競争力のある価格で提供したり、より優れた代替商品を提供したりすることができる可能性があります。また、商品がすでに市場に流通しているという事実は、潜在需要が実証されているということを意味し、これは良い兆候です。

既存商品のカスタマーレビューを読み、競合他社のどういった点が購入者のニーズを満たせていないのかを確認しましょう。苦情を集計し、パターンを探してください。次に、その問題の解決にかかるコストをリサーチし、把握します。
woman and man looking at product

ステップ2:商品アイデアを検証する

商品の検証に時間をかければかけるほど、成功の可能性は高まります。ビジネスアイデアが決まったら、類似商品のパフォーマンスと、見込み客が求めているものをリサーチしてください。

見込み客と話し合ってアイデアを検証する

アイデアが、追求する価値のあるものかどうかを判断する最も簡単かつ安価な方法は、人と話すことです。解決すべき問題を見つけたら、その問題点や不満を最も感じている人に話を聞いてみましょう。

少人数のグループに声をかけ、解決しようとしている問題に直面しているかどうか、そして現在その課題にどのように対処しているかを確認します。

5~10人に、コーヒーを一杯おごる代わりに30分時間を割いてもらいましょう。ミーティングを通して課題について話し合い、その問題点がお金を払ってでも解決したいことなのか、それともあまり気にならないことなのかを確認します。自社商品の話を持ち出すと、得られる回答に影響を与える可能性があるため、避けるようにしましょう。代わりに、相手が課題についてどのように感じているか、現在どのように対処しているか、その問題を解決するためにコストをかけるかどうかに焦点を当てます。コストをかける場合、支払っても構わない金額はいくらでしょうか?このような質問をすることで、自社商品のオーディエンスが存在するかどうかを判断することができます。

ネット販売に最適な商品を選ぶための11のヒント

Amazonではさまざまな物を販売することができますが、 ネットショップのオーナー を目指す方は、次のような商品から始めるとよいでしょう。
  1. 梱包と発送が簡単である
  2. ブランディングの可能性がある
  3. 購入者にとって手頃な価格である
  4. 商品寿命が長い
次のような商品は、新しい起業家にとって販売が難しい可能性があります。
  1. 食品と生鮮食品
  2. 利益率の低い商品
  3. 重い商品やかさばる商品、または配送料が高い商品
  4. 競争率の高い商品(カスタマーレビューの件数を確認)
  5. 複合品または電化製品
避けるべき商品は次のとおりです。
  1. 特許取得商品または商標登録済みの商品(自社で特許または商標を取得している場合、あるいは再販業者として認定されている場合を除く)
  2. 制限対象商品。利用する販売チャネルによっては、販売できる商品の種類に制限がある場合があります。予期せぬ事態に遭遇しないよう、在庫の購入を開始する前に 制限対象商品リスト を確認することをお勧めします。

Amazonブランド登録でブランドを保護する

Amazonブランド登録 を利用することで、ブランドの不正利用を防ぐことができます。このプログラムは、既存の商標または特許をお持ちの起業家向けに考案されています。登録すると、ブランドをより的確に表現し、違反を発見して報告することのできるツールを利用できるようになります。

ステップ3:商品を調達する

販売する物と、誰に商品を販売するのかが決まったら、次の重要なステップは、商品の適切な供給元を見つけることです。

優れた商品は、新しいネット販売を成功に導くでしょう。大切なのは、適切な商品を選ぶだけでなく、商品に適した供給元を選ぶことです。ネット販売の商品を調達するためのオプションをいくつか以下にご紹介します。

既存の商品を再販する

再販は、費用対効果が高く、比較的簡単に始めることができるため、Amazonセリングパートナーに人気のある選択肢です。オンラインディレクトリやリスティングを利用すれば、商品の仕入先を見つけることができます。ベンダーに問い合わせて、商品を注文し、自社に出荷してもらう必要があります。その後、商品が売れたら購入者に発送します。仕入先を見つけて関係を築くことは、より手頃な価格での調達につながるだけでなく、将来のビジネスに向けて安定したサプライチェーンを確保することにもつながります。

自社商品を製造する

自社商品を製造することで、品質とデザインを最大限に管理することができます。ただし、この方法では、規模を拡大しにくい場合があります。一部の出品者は、オリジナルのハンドメイド商品を小ロットで作成しています。これにより、運営を管理しやすくなります。また、ハンドメイド商品は高品質と考える方もいるため、このオプションを選択することで、出品者は商品にプレミアム価格を付けて販売することもできます。

この方法に共感される場合は、 Amazon Handmade などのアーティスト向けまたはカスタムのネット販売オプションをご検討ください。

メーカーと協力して商品を製造する

メーカーと直接取り引きして商品を製造することで、成長の可能性を高めることができますが、新規出品者にとっては最も困難な道となります。最適なメーカーを見つけ、そのメーカーと協力して仕様に合った試作品を作り、最終的に最初の注文を行うには、時間と資金が必要になります。新商品を作り上げたら、競合他社に差をつける独自のブランドを構築できる可能性があります。

プロによるヒント

オンラインの購入者が商品に求めているもの

Amazonベストセラーは、商品のリサーチに役立つリストで、特定のニッチな分野で購入者が好むものを把握することができます。これらのカテゴリーを深く掘り下げることで、販売機会、有望な商品、または出品カテゴリーのトップセラーのパターンを見つけることができます。

ステップ4:ネット販売チャネルを選ぶ

商品をネットで販売する には、さまざまな選択肢があります。ウェブサイトを開設して独自のドメイン名で自社ブランドの ネットショップ を運営するか、Amazonなどの既存のECサイトで商品を販売するか、あるいはその両方を選択することができます。

商品を探す消費者はまずAmazonを考える

多くの買い物客は、Amazonで商品の検索を始める傾向にあります。Amazonを販売チャネルとして利用することで、認知度を高めることができます。

独自のドメインとオンラインサイトを設定する

検索エンジン最適化やソーシャルメディアマーケティング、オンライン広告などの取り組みは、トラフィックを増やすのに役立ちますが、時間とリソースが必要になります。また、注文が入り始めたら、注文と出荷を処理するプロセスも必要です。ビジネスを運営しながらこれをこなすのは難しい場合があります。

既存のECサイトで販売する

すでにトラフィックがある 既存の販売サイト を利用することで、より早く ネット販売 を始めることができます。さらに、この戦略により、独自のソリューションに投資する前に、出品者にとって何が効果的かを学び、レビューを獲得して、収益を生み出す機会を得ることができます。

また、 既存のECサイトで販売 することで、顧客基盤を構築する前に商品に多大な時間と資金を投資するリスクを排除できます。一般的に、 既存のECサイト はブランドや市場の認知度が高く、トラフィックを促進するための取り組みが行われています。
A man looking at a computer screen showing an online store on amazon.com for the fashion brand New Republic

Amazonで出品する

Amazonは、全世界3億人以上の購入者を有した、リーチの面で強力なチャネルです。新規および既存の事業主は、Amazonの一連のツールを活用し、商品中心のインフラストラクチャでこれらの購入者にリーチすることができます。

新規および既存のネット販売において、Amazonで出品するメリットは以下の通りです。
  • スピード:最小限の作業で ショップ を立ち上げることができるため、 ショップ を迅速に開設して運営することができます。
  • 拡張性と効率性:Amazonに出品する ことで、優れた商品を制作して販売することができます。ビジネス上の問題をすべて解決する必要はありません。Amazonのインフラストラクチャ、ツール、購入者へのリーチを活用して、ビジネスを成長させましょう。
  • リーチ:Amazonに商品を出品すると、Amazonでの買い物を好む1億5千万人のAmazonプライム会員を含め、全世界3億人以上の購入者にリーチできる可能性があります。
  • eコマースのサポート:支払いの処理、カスタマーレビューの管理、プロモーションの実施などにAmazonのツールを利用することができます。
  • コミュニティ:Amazon出品大学の無料オンラインチュートリアルで ネット販売を成功させる 方法を学び、Amazon出品者向けのオンライン掲示板であるセラーフォーラムを通じて、意欲的な起業家のコミュニティに参加しましょう。これらのリソースは、ビジネスのトラブルシューティングやサポートに役立つ貴重な情報源となります。
  • 組み込みの SEO:Amazon の商品ページは、検索エンジンに適切なコンテンツを提供して、検索結果で競合的に表示されるように設計されています。効果的な内容の商品ページでAmazonに商品を出品すると、ブランドに関連するキーワードと商品検索で上位に表示させることが可能になります。
  • 認知度:多くの買い物客は、Amazonで商品の検索を始める傾向にあります。

場所が決め手に

ネット販売でもオフライン販売でも 、成功の鍵は購入者を 店舗 に誘導することです。実店舗を開業する場合、店舗の場所が、数年後に繁盛するか閉店するかを左右する可能性があります。商業エリアが小売店の顧客基盤の構築に役立つのと同様に、 販売サイト を通して オンライン買い物客 に商品を紹介しアクセスを得ることで、 ネットショップ を成功させることができます。

Amazonストア は、対象となるブランド所有者にとって独自のブランド体験を創出する機会となります。

まずはAmazonで出品を始めて、ビジネスが成長したら別のeコマースソリューションを追加するという選択肢もあります。多くの出品者がAmazonを販売チャネルとして選択していますが、Amazonのみで販売する必要はありません。
eコマースに新規参入した場合は、小規模から始めて規模を拡大することをお勧めします。独自ドメインで販売することでウェブサイトとオンラインエクスペリエンス全体をカスタマイズできるかもしれませんが、これには手間がかかり、購入者をショップに誘導するためにインターネット上で競争しなければなりません。

すでにeコマースストアをお持ちであるもののトラフィックを増やす必要がある場合は、Amazonを利用することで、商品がより多くの見込み客の目に触れ、ブランドの認知度とリーチを拡大することができます。

ステップ5:ネットショップを開設する

何を売るべきか、誰に売るのかが決まったら、今こそ開業して運営する時です。

店舗名を選ぶ

店舗名はブランドを表すものなので、購入者が入力しやすく思い出しやすいような、印象的でシンプルなものを選びましょう。

販売する物がはっきりしている場合は、同業他社のブランドを見て、名前をブレインストーミングしましょう。あるいは、すぐに名前が思い浮かぶかもしれません。ロックスターには魅力的かもしれませんが、数字や複雑な記号は避けることをお勧めします。ブランド名はシンプルで発音しやすいものにしてください。

ブランディングを行うことで、 ネットショップ の競合他社と差別化を図ることができます。リピーターを引きつける、記憶に残る印象を生み出すことが重要です。商品に明確な特徴がないと、競合他社がひしめく中で商品が埋もれてしまいます。そのような事態は望ましくありません。

ネットショップのストアフロントを構築する

ビジネスアイデアを検証する最善の方法は、受注を始めることです。始めるのが早ければ早いほど、良いでしょう。ここでは、 ネットショップを効果的に 構築 するためのヒントをご紹介します。

競争力のある商品出品ページを作成する

購入者は商品説明を読むことで、その商品が自身のニーズに合っているかどうかを判断します。見込み客が納得して購入できるような説明文を書くことが重要です。商品名、画像、商品仕様、説明、キーワードはすべて、閲覧者を購入に向かわせるページを作成するのに役立ちます。

説明文が不完全または不正確な場合、クレームにつながり、返品が増加し、評判を落とすことになります。そのため、正確かつ明確で、率直な説明文にすることが重要です。ただし、面白味のない説明文にする必要はありません。購入者の立場に立って、商品の使い方を楽しく魅力的に説明してください。
man scanning a bar code on a box

ネット販売の開業と運営

ネットショップ を開業したら、ビジネスの運営に取りかかりましょう。優れた オンラインエクスペリエンス は、さまざまな方法で創出することができます。正確な商品説明、迅速で簡単な支払い体験、タイムリーな配送、簡単な返品プロセスを用意することで、素晴らしいスタートを切ることができます。他の購入者からのレビューが充実していることも重要です。

オンライン出荷:保管、発送、返品

商品の保管、出荷、返品処理はどのように行いますか?ネット販売を開始する際には、発送と返品を処理するプロセスが必要になります。業務を簡素化するには、アクセスしやすく、費用対効果の高いスペースを見つけて、商品を保管し発送することが最善の場合があります。出品者の中には、自宅のガレージなどを利用して商品を保管するのが最適なソリューションだと考える人もいます。ビジネスの成長に合わせて、商品の保管、梱包、発送をサポートするサードパーティの出荷サービスの利用を検討することもできます。

フルフィルメントby Amazonを通じて商品を保管/販売できることをご存じですか?

Amazonのフルフィルメントby Amazonサービスを利用することで、出品者はAmazonの倉庫に商品を保管し、プライム会員に迅速かつ便利な配送オプションを提供できるというメリットを享受することができます。一例として、サードパーティの出品者は、2019年にAmazonの米国ストアで、7億点以上もの商品を販売し、プライムの無料マケプレ当日お急ぎ便やさらに早い配送オプションで発送しました。

レビューを獲得して表示する

レビューは強力なeコマースツールです。理想的には、人気の検索エンジンだけでなく、自社商品と似た商品を探している買い物客にも見えるように、レビューを表示する必要があります。

Amazonは、ネット販売の出品者に代わって自動的にカスタマーレビューをリクエストします。レビューが今後の売上にプラスの影響を与える可能性があるためです。Amazonのブランド所有者は、Amazon Vineなどのツールを利用して、Amazon Vineレビュアーのプールから新商品に関するフィードバックを得ることもできます。他の購入者の評価によると、Vineレビュアーは、Amazonに役立つ商品レビューを投稿することで定評のあるAmazonの購入者です。Vineプログラムを通じて、ベンダーはレビューと引き換えに、Vineレビュアーの中から選ばれた人に無料で商品を送ります。新しいブランド商品の販売を始める際に、これらのレビューが新商品の初期売上を促す一助となります。レビューによって、見込み客が情報に基づいた購入決定を行うことができます。
Amazonの商品レビューは、当社の新商品開発にとって、最も重要な情報源となっています。当社の新商品は、一貫してお客様のニーズから生まれています。
Steven Yang氏Anker Technology

eコマース分析でビジネスパフォーマンスを追跡する

分析により、ウェブサイトの訪問者がショップや商品に対してどのように行動しているのかを把握することができます。ほとんどのネット販売チャネルでは、ダッシュボードにeコマース分析が組み込まれているか、サードパーティの分析プログラムをインストールするオプションがあります。

どのソリューションを選択しても、ネットショップのeコマース分析を定期的に確認して 在庫を管理 する必要があります。分析では、注文の追跡、カスタマーサービスと返品の評価、プロモーションや広告の実施などを通じて、アカウントのパフォーマンスを評価することもできます。

ショップの分析を効果的に活用できるようになると、訪問者がショップでどのように行動しているかを理解できるようになります。また、ショップの分析レポートを確認することで、オンラインショッピング体験における問題の診断とトラブルシューティングの方法について、有益な情報を得ることができます。

Amazonストアで出品している登録済みのブランド所有者の場合、 ブランド分析 で次のような高度なレポートにアクセスすることが可能です。
  • 戦略的な検索キーワードで、最も多くのクリック数とコンバージョン数を獲得した商品
  • 購入者が再注文している商品またはブランド
  • 商品と並んで最も頻繁に購入される上位の商品
  • 年齢、収入、学歴、性別、婚姻状況別の購入者の内訳
Man leading a business meeting about building an online store

オンラインマーケティングと商品プロモーション

オンラインマーケティング は、ビジネスの開業と成長を支える不可欠な要素です。マーケティングキャンペーンやプロモーションキャンペーンを実施することで、利用する販売チャネルを問わず、より多くのオーディエンスにリーチすることができます。

商品をPRする際に利用できるチャネルは数多くあります。1つに絞るのはあまりに大変な作業です。ここでは、 ネット販売 で利用できるいくつかのオプションについて簡単にご紹介します。
商品を見つけてもらえなければ、買ってもらうことはできません。
Ryan Mulvany氏Quiverr

Amazonでネットショップのストアフロントを宣伝してPRする

ネットショップのオーナー は、Amazonで広告キャンペーンを実施して、適切な購入者に見てもらうことができます。以下のオプションはすべて、商品をできるだけ多くの人に知ってもらうためのものです。
  • スポンサープロダクト広告はAmazonの商品の出品ページ内に表示され、Amazonの3億人の購入者に対して、新商品の認知度を高めることができます。
  • スポンサーブランド広告(登録済みのブランド所有者が利用可能)では、商品の検索結果ページの上部に広告見出し、ロゴ、最大3点の商品が表示されます。
  • 数量限定タイムセールとクーポンは、特にブランドの認知度を高めようとする場合に、売上を伸ばし、成果を向上させるのに役立ちます。
  • 広告は、レビューの投稿を促して、関心のある購入者からの売上を増やすことで、商品の売上を伸ばすのに役立ちます。

A/Bテストでユーザーエクスペリエンスを最適化する

購入者にとって魅力的なものは何でしょうか?購入者の注意を引く商品名や説明とは?A/Bテストでは、さまざまなバリュープロポジションやプロモーションを試して、商品にとって最適な組み合わせが見つかります。登録済みのブランド所有者は、 比較テストの管理 ツールでAmazonの新しいA/Bテスト機能を使用して、何百万人もの購入者を対象に商品ページで比較テストを行い、どのコンテンツが最も売上に貢献しているかを調べることができます。これにより、商品名、画像、説明、商品仕様の適切な組み合わせを把握して、すばやく売上につなげることが可能です。比較テストでコンテンツを最適化すると、売上を最大6%伸ばせる可能性があります

お役立ち情報

Amazonにはセラーセントラルパートナーネットワークがあります

Amazonのセラーパートナーネットワークでは、信頼できるベンダーが、ビジネス運営の細かい点をサポートしてくれます。商品ページの作成、顧客管理、広告掲載などの面でベンダーのサポートを受けることができます。

ソーシャルメディアマーケティング

大多数の消費者がソーシャルメディアウェブサイトを毎日頻繁に利用しているため、プロモーションやアウトリーチに1つまたは2つのソーシャルメディアチャネルを追加することで、ブランドや商品の認知度を高めることができます。時間や労力を最大限に活用するため、ビジネスのPR、ソーシャルメディアユーザーとの交流、ソーシャルインフルエンサーへのアピール、コンテンツの投稿方法に関するソーシャルメディア戦略を構築しましょう。まず、成功に向けて準備を整える計画を立てましょう。
two people on laptops talking to eachother

ECビジネス:専門用語を学ぶ

B2B eコマース

B2B出品者は、他の企業に必要とされる可能性のある商品の販売に重点を置いています。多くの場合、ハードウェア、ソフトウェア、事務用品などが含まれます。見込み客のプールは、個人の消費者に販売するビジネスより規模が小さい場合もありますが、法人/個人事業主は定期的に大量購入する可能性があります。

B2C eコマース

B2C出品者は、個人のユーザー(またはエンドカスタマー)に商品を販売することに重点を置いています。商品の価格設定、マーケティング、発送を重視して、商品の販売を促します。エンドカスタマーは企業のようにまとめ買いすることはないかもしれませんが、通常、ターゲットオーディエンスの数で、比較的少ない個々の売上額を補うことができます。

AmazonはB2Bですか?それともB2Cですか?その両方です。

一般的に、AmazonはB2Cチャネルと考えられていますが、Fortune 100のトップ企業のうち55社を含め、100万を超える企業がAmazonのストアを通じて商品を調達しています。

考えてみてください。プライベートのニーズでAmazonを利用しているのなら、ビジネスでも商品の見つけやすさを活用したいと思いませんか?個人事業主から大企業、政府機関、学校、医療機関まで、あらゆる規模の企業が、Amazon Businessで必要な商品を見つけることができます。

中小企業はAmazon Businessで成功を収めており、 Amazonを通じたB2Bの年間売上の100億ドルの50% を占めています。B2Bベンダーの場合、販売戦略にAmazonを導入することで、法人/個人事業主の幅広いプールにリーチすることができます。

A/Bテストとは何ですか?

A/Bテストによって、どのようなユーザーエクスペリエンスが売上の増加につながるかを判断することができます。A/Bテストでは、2つのバリエーションのウェブページを同時に運用して、どちらの方がパフォーマンスが高いかを測定します。一度に複数の要素をテストして、明確な結果を得ます。対象となるブランド所有者は、Amazonの商品詳細ページで、コンテンツに対してA/Bテストを実施することが可能です。まもなく、さまざまな商品名や商品仕様をテストできるようになります。

SEO:検索エンジン最適化とは何ですか?

検索エンジン最適化(SEO)は、オーガニック(無料)検索エンジンの結果を通じて、ウェブサイトへのトラフィックの件数と質を向上させるプロセスです。ユーザーは検索エンジンを使用して、オンラインで探しているものを見つけます。SEOは多くの要素が関係していますが、ネット販売で望ましい3つの基本的な側面をご紹介します。
  • 検索ボットで処理できるコンテンツ(主に単語や画像)。
  • デスクトップとモバイルの両方ですばやく読み込まれるウェブサイトエクスペリエンス。これにより、検索ボットで、検索エンジンのユーザーに役立つコンテンツにアクセスして見つけることができます。
  • 権限 —ドメインはスパムではなく、スパムコンテンツも含まれていないこと。運営するウェブサイトは評判が良く、他のウェブサイトで言及されており、信頼性が検証されていること。

Amazonでネット販売を開業する

2000年以降、独立した出品者とブランド所有者は、Amazonを利用してビジネスの成長を後押ししてきました。Amazonは、ストアが獲得するオーディエンスの規模と多様性を活用する、個人や中小企業によって支えられています。Amazonの販売プログラムは、出品者が購入者にできる限り幅広い選択肢を提供できるように考案されています。

今日から販売しよう

月額4,900円+販売手数料