オンラインで本を販売する

ここでは、オンラインで本を販売する方法と流れについて学ぶことができます。また、Amazonは販売の立上げをサポートする様々な機能を提供しています。それらを用いたAmazonストアにおける販売のコツもご紹介します。
月額4,900円(税抜) + 販売手数料

本をオンラインで販売するメリット

本をオンラインで販売するメリットは以下です。
・数冊の本から販売を開始できる(大量の在庫をかかえる必要がない)
・小説や参考書、コミック本などの幅広いジャンルの選択肢がある
書店などの実店舗で本を販売する場合、まとまった部数の在庫が必要ですが、オンラインの場合はその必要がなく比較的低いリスクで販売を始めることができます。特に、Amazonのような既存のストアを利用する場合はウェブサイトの構築や注文管理システムの作成をする必要がなく、迅速に販売を開始できます。

販売できる本の種類

単行本、文庫本、または電子書籍をオンラインで販売できます。紙に印刷・製本された本を販売する場合は、以下のいずれかのコンディションで販売されます。
・新品
・中古ーほぼ新品
・中古ー非常に良い
・中古ー良い
・中古ー可
以下では、特徴的な本の種類についてご説明します。

本の種類

特徴

Amazonでおすすめの販売方法

新品本
卸売業者や出版社などから仕入れた本
セラーアカウント
(大口出品プラン)
中古本
自分が読み終えた本
古本屋やリサイクルショップで仕入れた本
セラーアカウント
(大口または小口出品プラン)
ISBNコードがない本
ISBNコードが付いていない1980年以前に出版された古書、コミックセットなど
セラーアカウント
(大口または小口出品プラン)
コレクター本
サイン入り、絶版、初版限定版などの付加価値がある本
セラーアカウント
(大口または小口出品プラン)
自費出版本
著者自身が本の制作費用を負担し製作した本
①セラーアカウント(大口出品プラン)
②Kindle ダイレクト・パブリッシング
③E託販売

ISBNコード(国際標準図書番号)がない本

ISBNコード(国際標準図書番号)は、書籍の裏表紙や奥付ページに記載されている、固有の書籍出版物を発行形態別・書名ごとに識別するための登録コードです。1980年以前に出版された古書にはISBNコードが付いていません。そのような商品をAmazonで販売するための免除申請ができます。

製品コード(UPC、EAN、JAN、ISBN)がない商品の出品についてはこちら

コレクター本

コレクター本として出品するには、サイン入り、絶版、初版などの付加価値が必要です。どのような点にコレクター商品として特別な価値があるのか詳しく説明する必要があります。

自費出版本/セルフ出版本

Amazonにおける自費出版本/セルフ出版本の販売方法は以下の3つです。
・セラーアカウント
・Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP) ※セラーアカウントとは異なるサービスです
・E託販売 ※セラーアカウントとは異なるサービスです
セラーアカウント : 新品本や中古本と同様に、ISBNコードがある自費出版本もセラーアカウントで販売することができます。

Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP): 電子書籍や紙書籍を無料でセルフ出版できます。紙書籍については、KDPのみで使える無料のISBNコードを作成するか、すでにISBNコードを取得している場合はそのコードを使って登録できます。セラーアカウントとは異なるサービスとなるので、セラーアカウントの登録は必要ありません。

E託販売 : 出版社・メーカー様が販売権を有している商品をAmazonのフルフィルメントセンターに委託在庫として保管の上、カスタマーへの商品販売、配送及びサポートを提供するサービスです。 セラーアカウントとは異なるサービスとなるので、セラーアカウントの登録は必要ありません。

書籍・雑誌の再販制度とは?

著作物の再販制度(再販売価格維持制度)とは、出版社が書籍・雑誌の定価を決定し、小売書店等で定価販売ができる制度です。出版物には一般商品と著しく異なる特性があるため、この制度は独占禁止法により認められています。仕入れた新品本を販売するときは、再販制度に則るよう注意をしてください。

本をオンラインで販売するための3ステップ

ここでは本をオンラインで販売するために役立つ3つのステップをご紹介します。

1. 本の調達方法を決める

本を調達する方法は複数あります。最も手軽な方法は、すでに所有している本を販売することです。しかし、次のような方法で調達することも可能です。
・卸売業者:卸売業者と契約したり、オンラインの卸サイトなどから本をまとめて仕入れることができます。また、販売代理店や出版社から新品の本を調達することもできます。まとまった数の本を卸売価格で仕入れることができることが利点です。

・地元の店舗:地元の古本屋、リサイクルショップなどで中古本を仕入れることができます。少ない数から販売を開始したい場合におすすめです。
本を調達する際には、必ず本の状態を確認し、ご利用の販売サイトのコンディションガイドラインに沿った正しいコンディションで販売しましょう。たとえば、Amazonには、本を出品するためのコンディションガイドラインがあります。

2. どこで販売するかを決める

Amazonなどの既存のサイトを通じてオンラインで販売することも、複数のサイトで同時に販売することもできます。複数のサイトからの販売を選択した場合は、注文を調整し、在庫を常に把握するようにしてください。

Amazonで出品する場合は、ビジネスプランにあう出品プランを選択できます。また、販売に役立つ様々な機能を使用することができます。

3. 注文処理の方法や流れを決める

商品を購入したお客様に対して、商品の配送や返品・交換などの処理を行う必要があります。これらのプロセスをフルフィルメントと呼びます。また、フルフィルメントには注文の受け付け、商品の梱包、配送手配、在庫管理、返品・交換などの関連作業や、カスタマーサポートまでのコミュニケーションをすることも含まれます。
フルフィルメントを自分で管理したい場合は、在庫を保管する場所を確保してください。また、お客様からの注文を受け取り、梱包し、出荷する流れや、返品や顧客からの問い合わせを処理するための方法も確立する必要があります。
購入された本を自分で梱包するときは、以下のことを心がけましょう。
・適切な包装資材を使用し、破れたり、本の角がへこまないように注意してください。
 包装資材にはビニール袋・エアーキャップ・緩衝材などがあります。

・複数の本をまとめて梱包する場合は、一冊ずつ個別に包装するか、本の間に段ボールを
 挟むことをおすすめします。
フルフィルメントを外部委託したい場合は、フルフィルメント by Amazon (FBA) などのプログラムを使用できます。FBAを利用すると、商品の保管や注文の受注、梱包、発送、カスタマーサービス、返品対応のすべてをAmazonが代行いたします。

アマゾンで本を販売するための5つのポイント

Amazonでは販売をサポートするための様々な機能やオプションを提供しています。Amazonストアで販売を開始し売上を伸ばすためのポイントを紹介します。

1. 適切な出品形態を選択する

Amazonでは、大口出品と小口出品の2つの出品形態を用意しています。小口出品プランは販売された商品1点ごとに100円の手数料(税込み)、大口出品プランの料金は販売する商品の数にかかわらず、月額4,900円(税抜き)固定です。また、どちらの出品形態でも、販売された商品ごとに販売手数料が追加されます。

本の販売事業を立ち上げる場合は大口出品プランがおすすめです。広告による販売促進や、分析に役立つレポートやツールが使えます。

出品形態はいつでも切り替えることができます。

2. 販売するジャンルやカテゴリーの分析をする

販売を成功させるために、需要の高い本を分析することが重要です。需要の高い本を素早く見つける方法としてAmazonの売れ筋ランキングを見ることがあげられます。また、本のジャンル別のランキングを確認することもできます。ランキングは本の商品詳細ページの中で確認することができます。

3. 本の状態を正しく伝える

本の状態を正しく伝えることでお客様の期待に応えることができます。Amazonストアに本を出品する際は、必ず本を出品するためのコンディションガイドラインに従って下さい。

4. 適切なフルフィルメントを選択する

Amazonの出品者は、次の2つの方法でお客様の注文を処理できます。

・自分で商品を出荷する
・フルフィルメント by Amazon (FBA)を利用する

自分で商品を出荷することは、在庫を自分の手元で管理できる点やお客様とコミュニケーションがとりやすい点で魅力的です。一方で注文の受け付け・商品の梱包・在庫の管理・返品・交換などの関連作業や、カスタマーサポートまでのコミュニケーションもすべて自分で行う必要があるため、それらをうまくこなすためには十分な工夫が必要です。

フルフィルメント by Amazon (FBA)を利用すると、在庫の保管・注文処理・梱包・配送をすべてAmazonに任せることができるため、出品者は需要のある本を分析したり調達する方に注力することができます。

5. 販売のパフォーマンスを常に確認する

売上を伸ばすためには、販売のパフォーマンスを常に確認することが重要です。特定のジャンルが売り切れの場合は、そのジャンルの需要が高いことがわかります。

Amazonは、出品者がパフォーマンスを確認し販売戦略を立てるのに役立ついくつかのツールを提供しています。販売レポートや商品の閲覧人数などが確認できるビジネスレポートなどがあります。

よくある質問

Amazonストアではどのような種類の本を販売できますか?
新品、古本、コレクター本、コミック本など、様々なジャンルの本を販売できます。ISBNコード(国際標準図書番号)がない、1980年以前に出版された古書などは、製品コード免除申請を行うことで販売することができます。
Amazonストアで本を販売するにはどれくらいの費用がかかりますか?
Amazonでは、大口出品と小口出品の2つの出品形態を用意しています。ビジネスモデルに基づき、販売ごとに手数料を支払う小口出品形態か、定額制の月額料金かを選択することができます。

出品にかかる費用について、詳しくはこちら
月額4,900円(税抜) + 販売手数料

Amazon出品サービスについて学びませんか?

公式SNSアカウント

Amazon出品サービスでは公式のSNSアカウントを運用しております。
公式YouTubeアカウント
Amazonで売る
公式YouTubeアカウントでは、Amazon.co.jpでの出品、販売、プロモーションのポイントをわかりやすく説明する無料動画を配信しています。

下記ボタンより動画を視聴いただけます。
公式Xアカウント
@SellOnAmazonJP
LINE公式アカウント
@sellonamazonjp
公式Xアカウントでは、これから出品を始めたい方や既に出品している方を対象に、Amazon出品サービスの最新情報をお届けします。

最新のプロモーション、ツール、イベント、セミナーなどの情報を受け取るには、下記ボタンより公式Xアカウントをフォローしてください。
LINE公式アカウントでは、メールやセラーセントラル上の通知でお知らせしている内容のうち、アカウントや出品の状態、売上金の振込エラーに関するものなど、出品者の対応が必要な重要度の高い通知を送信しています。

下記ボタン、またはQRコードを読み取ってLINE公式アカウントを友だち追加いただけます。

※上記に関するすべての通知がLINEで確認できるわけではありません。必ず今までどおりメールやセラーセントラルをご確認ください。

今日から販売しよう

毎日Amazonで商品を探している何百万ものお客様の前に商品を並べましょう。
月額4,900円(税抜) + 販売手数料
Amazon logo
© 2023, Amazon Services LLC.
LINE logo
Twitter logo
YouTube logo